怨讐星域 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

『怨讐星域 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(梶尾真治著/ハヤカワ文庫JA)★★★★☆

怨讐星域Ⅰ ノアズ・アーク (ハヤカワ文庫JA)
怨讐星域Ⅰ ノアズ・アーク (ハヤカワ文庫JA)

2015年5月刊。
SF文庫マガジンで2006年から2014年の間連載されていたSF年代記の書籍化作品です。全3巻が同時発売したのでまとめて感想を書きたいと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

滅亡の未来にある地球を捨て、世代間宇宙船「ノアズ・アーク号」に乗り込んだ3万人は「約束の地」と呼ばれる遠い星を目指します。
一方、残された人類は奇跡的な発明によって「ジャンプ」し、「約束の地」に先回りするのです。
「約束の地」で文明を築きながらノアズ・アークへの怨みを募らせる人類と、何も知らずに数百年の旅を続けるノアズ・アークの人類。
二つの場所における様々な人々にスポットを当てつつ、来たるXデーまでの道のりを描き出す大作でした。
実感を伴わずに子孫へすり込まれていく「怨み」にゾクゾクとさせられつつ、それでも人の可能性に期待したくなる温かな物語だと思います。
とても面白かったです(*゚▽゚)ノ

☆あらすじ☆
太陽のフレア膨張による地球消滅から逃れるため、アジソン米大統領と選ばれた3万人だけを乗せた世代間宇宙船ノアズ・アークが、密やかに出航した。残された人々はノアズ・アークを呪い、大統領の娘ナタリーの恋人が発明した星間転移で決死の脱出を図った――。
2つの人類の目標は、172光年先にある約束の地。生き残りを賭け闘う人間それぞれの受難、愛憎、そして希望を通して、世界の喪失と再生を描く、SF大河ロマン。

以下、ネタバレありの感想です。3巻分まとめてのレビューとなります。

続きを読む 怨讐星域 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

百錬の覇王と聖約の戦乙女5

『百錬の覇王と聖約の戦乙女〈ヴァルキュリア〉5』(鷹山誠一著/HJ文庫)★★★★☆

前巻の感想はこちらから
百錬の覇王と聖約の戦乙女4 | 晴れたら読書を

2014年9月刊。
嵐の前の日常回。短編集的構成ですが、とても面白かったです。
なんといっても美月がいよいよ前に出てきましたし。シリーズ最大の謎に迫ってきた??

☆あらすじ☆
“豹”の侵攻から一ヶ月。族都に凱旋した勇斗は、冬に備えて用意していたコタツに入り、ほっと休まるひと時を過ごす。だがそんな折にもさまざまな出来事が。アル&クリスは波乱含みの学校生活を送り、ジークルーネは山賊討伐でかつてない“強敵”と遭遇。さらに現代では美月がユグドラシルの謎に肉薄し…!?ますます目が離せない覇道ファンタジー第5弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 百錬の覇王と聖約の戦乙女5