魔女の使い魔は王子様でした


『魔女の使い魔は王子様でした』(瑞山いつき著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

魔女の使い魔は王子様でした。 (一迅社文庫アイリス)
魔女の使い魔は王子様でした。 (一迅社文庫アイリス)

2015年6月刊。
森の守護者である魔女が拾って使い魔にしたのは、魔物化の呪いを受けた王子様。
王子の呪いを解くために魔女が頑張るファンタジーです。
1冊で綺麗にまとまった可愛い物語でした。面白かったです(*゚▽゚)ノ
あと個人的には今回のすがはら竜さんのイラスト、色気が非常にヤバイと思いました。必見ですよε٩( ºωº )۶з

☆あらすじ☆
美女姿に変身していた魔女リタが、仔猫のような魔物と使い魔契約を結んだ翌朝―檻の中に入れていた魔物が、なぜか青年になっていた!?しかも彼は、自分はこの国の第一王子ヴァルトで、魔女に助けを求めに来たのだと分かりやすい嘘をつく始末。これは絶対に舐められている!しっかり躾けなければと思っていたけれど…。まさか本当に王子様だったなんて!?呪われた王子様をうっかり使い魔にしてしまった魔女の解呪ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

 

ひとりぼっちでアルブランの森に住む魔女リタ
ある日リタは子猫姿の魔物を森の中で拾い、使い魔契約を結びます。
その正体は魔物化の呪いにかかった王子ヴァルト
最初はヴァルトの話を信じなかったものの、「人を魔物にする呪い」の存在を確信したリタはヴァルトの呪いを解くという依頼を引き受けることにするのです。

 

主人公2人のキャラがなかなか好みでした。
魔女としての矜恃は高いものの、素顔は寂しがりなリタが可愛すぎて可愛すぎて・・・・・・(´,,•ω•,,)♡
冒頭のセルフ挨拶からあまりの不憫さに涙していたのですが、ヴァルトを無理矢理先に帰らせて「おかえり」って言ってもらって喜ぶところとか!ちょっと!可愛すぎませんか!!
欲を言えば変身した美女姿の出番がもっと欲しかったですね。少女らしさが可憐すぎる本当のリタも好きですけど。

 

そんなリタ(美女Ver.)に一目惚れしたヴァルト。
頭に鐘が鳴り響いたところで既に面白いキャラだったのですが、その後のヴァルトの押せ押せな態度は悪くなかったですね。むしろ良い!
キスをねだるところとかめっちゃニヤニヤしましたw

 

「王子である自分の価値」を悩み続けたヴァルト。
「王子」と「リタの使い魔」のどちらの未来を彼が選ぶのか、ドキドキしながら読みました。
「全てを捨てて使い魔として生きる道」を選べないことがハッキリしたときにはちょっと残念でしたが・・・・・・。
まぁそうなることは分かってたんですけどね。前半のリタとヴァルトのグダグダな主従関係、結構好きだったんだけどなー。

 

魔女と王子の解呪の物語は、次第に国を巻き込んだ陰謀へと発展していきます。

ヴァルトの呪いに隠された真相が意外でした。
てっきり最初の予想がそのまま真実なのかと思っていたら、陰謀の一端でしかなかったとは(((゜Д゜;)))

 

後半に出てきた弟王子ルディは毒気の強いキャラでかなり良かったです。
サラっとひどいこと言っちゃう怖い子!
くよくよしがちなヴァルトより王様向きな気が・・・・・・いや、この手のタイプは参謀向きか。

 

そういえば肝心の解呪のくだりはよく分かりませんでした(;・∀・)
まぁ、そういうものなんだろう・・・・・・

 

呪いは解けて、悪党は報いを受け、魔女は森に戻って大団円。
最後のリタとヴァルトのお茶会は可愛くて微笑ましかったです。ヴァルトの都合の良い想像には笑うしかないw

 

でも、よくよく考えるとこの二人って結ばれないんだろうなぁとか思って寂しくもなったり。
リタは「異界」を目指すために森にいなきゃいけないから、城に行くことはないだろうしなぁ。
迫害されてはいなくても異能者は一線置かれた存在みたいだから、王様になるヴァルトと一緒になるのは無理そうだし・・・・・・。

 

物語の先を想像すると哀しくなるので、ここで終わってくれて良かったのかもしれません。
いや、ハッピーエンドになるなら続きが読みたいですけど!

 

余計なことを考えてしまいましたが、キャラもストーリーも素敵な面白い作品でしたヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。