魔女の使い魔は王子様でした

『魔女の使い魔は王子様でした』(瑞山いつき著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

魔女の使い魔は王子様でした。 (一迅社文庫アイリス)
魔女の使い魔は王子様でした。 (一迅社文庫アイリス)

2015年6月刊。
森の守護者である魔女が拾って使い魔にしたのは、魔物化の呪いを受けた王子様。
王子の呪いを解くために魔女が頑張るファンタジーです。
1冊で綺麗にまとまった可愛い物語でした。面白かったです(*゚▽゚)ノ
あと個人的には今回のすがはら竜さんのイラスト、色気が非常にヤバイと思いました。必見ですよε٩( ºωº )۶з

☆あらすじ☆
美女姿に変身していた魔女リタが、仔猫のような魔物と使い魔契約を結んだ翌朝―檻の中に入れていた魔物が、なぜか青年になっていた!?しかも彼は、自分はこの国の第一王子ヴァルトで、魔女に助けを求めに来たのだと分かりやすい嘘をつく始末。これは絶対に舐められている!しっかり躾けなければと思っていたけれど…。まさか本当に王子様だったなんて!?呪われた王子様をうっかり使い魔にしてしまった魔女の解呪ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔女の使い魔は王子様でした

彼女は戦争妖精 小詩篇2

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉 小詩篇2』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★☆☆

彼女は戦争妖精 小詩篇 2<彼女は戦争妖精 小詩篇> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精 小詩篇 2<彼女は戦争妖精 小詩篇> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精5 | 晴れたら読書を

2010年5月刊。
ルテティアの過去と現在を描く短編2本収録の小詩篇第2弾。
さつき・・・・・・なんかもう空回りすぎて不憫。

☆あらすじ☆
華の都・パリ。その街の古き呼び名が名前である美少女・ルテティアは、自分と同じ羽を持つ青年と異国から来た怪しい男に出会い、奇妙な三人暮らしを始めるが―“Lebor Gruagach”“鞘の主”として伊織と同じ戦場に立てたさつき。しかし常葉の存在の大きさを改めて思い知り、焦りは募る。そんな彼女を不安に思うルテティアだが、そこに二人を狙う危険なコンビが現れて―“Lebor Cyhiraet”ルゥとさつき、危ういヒロインズが贈る小詩篇第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精 小詩篇2