青雲を駆ける1

『青雲を駆ける』(肥前文俊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

2014年11月刊。
とても面白かった!
野鍛冶の青年が知識以外の記憶を失って異世界トリップ。
青銅器メインな村の暮らしを鍛冶師の技術で豊かにしていく物語です。
生活に直結した様々な道具を生み出していく主人公の器用さに驚きました。鍛冶師すごい・・・・・・
鍛冶シーンの読み応えはたっぷり。鍛冶工程の描写が丁寧で読みやすかったです。
異世界ファンタジーというよりは職人モノとして楽しめた作品でした。
キャラも素敵で満足です( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
現代日本で希少な野鍛冶の技を持つ男・エイジが異世界に転生。そこは貧しく、技術は未熟な異界だった。エイジは美しい未亡人のタニアと一緒に暮らす。近所に住む猟師や大工などの村人に助けられながら、鍛冶師として働くため、エイジは村の試練を受けることになる。何一つ設備も材料もない状態から、三ヶ月で作品を作り上げ、村の役に立つと認めさせる必要があった。エイジは村の一員として認められ、精力的な活動を続けていく。しかしエイジの技術は領主から目をつけられてしまう。生きて帰ってこられない、と忠告を受けながらも、労役という義務を果たすため、エイジは単身領主の町に向かった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青雲を駆ける1