女装王子の聡明にして華麗なたくらみ

『女装王子の聡明にして華麗なたくらみ』(一石月下著/富士見L文庫)★★★☆☆

女装王子の聡明にして華麗なたくらみ (富士見L文庫)
女装王子の聡明にして華麗なたくらみ (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
女装王子の深遠にして優雅なたくらみ | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
相変わらず内容とタイトルの字面に壮絶な違和感を覚える作品ですw
新人賞受賞作の2作目ですが、続きを出すつもりがなかったところを反響に応える形で続刊が決定したとか。
ただしこれで完結です。
内容は前巻の後日談&後始末的なもので、弱冠の失速を感じたものの、女装王子の恋もしっかり決着がついたし十分に満足しました( ・ㅂ・)و ̑̑
次回作も期待しています。

☆あらすじ☆
白金の長い髪、神秘的な青い瞳、蠱惑的な紅い唇―シャリア王国一の美貌を持つ王太子ルイーゼ。王女として育てられていたが、ついに男であることをカミングアウト。その事件で居合わせた隣国の姫、セレスタに恋心を抱くに至ったのだが…。「実は縁談の話をされたのです。…ラファエル殿下との」指をくわえて見ているわけにはいかない!今や国一番の変わり者となった女装王子流の華麗なたくらみで、絶対阻止してみせる。そうーー俺がそいつとお見合いすればいいじゃないか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 女装王子の聡明にして華麗なたくらみ

【雑記】2015.6.17

なんだか最近私のTLで電子書籍が話題になることが多いです。興味を持つ人が増えてきたってことでしょうか。

1.性別がわからない作家さんの性別が気になる
2.発売日より早く売ってるラノベがある理由
3.FF7リメイク!?
4.電子書籍でライトノベルを読むにはどのストアが良いのか
5.電子書籍の「新しい形」?

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.6.17