ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
3か月連続刊行のトリのはずが、衝撃の500ページ超え。
日常編ということでしたが、実質短編集ですね。
それも、主要メンバーの「恋」に焦点を当てたお話!
コレコレ。こういうの読みたかったんですよー(´,,•ω•,,)♡

☆あらすじ☆
──王国(ラキア)軍出兵。軍神アレス率いる王国軍の突然の来襲。迷宮都市へ進撃する軍勢その数、三万。迫りくる軍靴の音に、オラリオは──何も変わらなかった。
「せっかくだし、たまにはベル君達には羽を伸ばしてもらうさ」
強過ぎる冒険者達の手によって市壁の外で侵略者達の悲鳴が上がる中、オラリオは平穏な日々を過ごしてゆく。小人族(パルゥム)の求婚、愛しのボディガード、街娘の秘密、神々への恋唄──そして女神が紡ぐ愛の歌。神と子供達が送るささやかな日常編!
「ボクはずっと君の側にいるよ、ベル君」
これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8

九十九さん家のあやかし事情 五人の兄と、迷子の狐

『九十九さん家のあやかし事情 五人の兄と、迷子の狐』(椎名蓮月著/富士見L文庫)★★★☆☆

九十九さん家のあやかし事情 五人の兄と、迷子の狐 (富士見L文庫)
九十九さん家のあやかし事情 五人の兄と、迷子の狐 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
過保護なお兄ちゃんが5人もいる末妹が主人公のあやかし日常モノ。
これに加えて「あやかしの許嫁」も出てくると聞いていたのですが、・・・・・・そちらは後のお楽しみなのかな?
今回は、6人の兄妹と1人の拜み屋が、蔵から逃げたあやかしを回収するお話でした。
色々謎があるのでシリーズの序章といった感じ。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
両親を早くに亡くしたあかねには五人の兄がいる。大黒柱の長男と、やんちゃな次男に寡黙な三男、心優しい四男と毒舌な五男、六人で一緒に平穏な日々を送っていた。ところがその生活は、家に伝わる蔵を兄妹で訪れた際に一変する。蔵で見つけた不思議な箱を開け、封じられていた人外の存在“あやかし”を街へ解き放ってしまったのだ!やがてご近所から聞こえてくる怪奇の噂。退魔のイロハはないものの、事態を収めるため兄妹はあやかしの回収に乗り出す!!そして出会ったのは、狐の尻尾を持つ泣き顔の少年で…?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 九十九さん家のあやかし事情 五人の兄と、迷子の狐