王女コクランと願いの悪魔2

『王女コクランと願いの悪魔 Ⅱ』(入江君人著/富士見L文庫)★★★☆☆

王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)
王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
王女コクランと願いの悪魔1 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
「王女コクランと願いの悪魔」は富士見L文庫が世に送り出した最高の名作だと思っているのですが、まさかの続編。
恐る恐る読んでみましたが、1巻とはまた違う雰囲気の面白さがありました。
1巻の直後からスタートし、今までとは質の違う苦難がふたりを襲う物語。
それは、おとぎ話のような「物語」の中にいたコクランとレクスが、血の通った「人間」として歩き始める物語でもあるのです。
1巻よりコクランが歪んでないか?と戦慄しつつも、この不穏な薄暗さと前途多難なストーリーは好みです。
ラストに少し物足りなさを感じたものの、恐らく3巻が出るのでしょう。期待してます。

☆あらすじ☆
「君が好きだ。コクラン。…愛しているんだ」
悠久の時を彷徨い続けた悪魔と、孤独の運命を受け入れ続けた王女。奇跡によって逃れられぬ虚無から解き放たれたレクスとコクランは、あらためて出逢った。しかしレクスは捕らえられ、コクランの知らぬ間に後宮から追放されてしまう。離ればなれになっても、三度出逢おうとする二人。それを阻むのは、どこまでも深い後宮の闇と、初めて知る後宮の外の世界だった―。
「めでたし、めでたし」のその先に、真の恋物語は始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女コクランと願いの悪魔2

レイデ夫妻のなれそめ

『レイデ夫妻のなれそめ』(山咲黒著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

レイデ夫妻のなれそめ (ビーズログ文庫)
レイデ夫妻のなれそめ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
互いに秘密(本性)を隠してきた夫婦が、その秘密を知り、恋をする物語。
世間知らずなヒロインのズレた言動に笑ったり、愛が暴走しがちなヒーローにニヤニヤしたりと楽しいお話でした。
魔物が出てくるようなファンタジー色強めのストーリーも面白かったので、ぜひ夫婦モノとしてシリーズ化してほしい新作でした( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
『完璧な夫婦』と評判のレイデ伯爵夫妻。妻リナは愛らしい淑女、夫ザイラスは優しい紳士だ。だが、リナは夫に“秘密”がある。その“秘密”のために訪れた下町で、リナは夫を見かけた。何故こんなところに彼が? 夫を追うリナは路地裏で物盗りに遭い――「てめぇ、俺の女に気安く触るんじゃねえ」リナを助けたのは、普段とは別人の粗暴で口の悪い夫! 彼は一体、何者なの!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レイデ夫妻のなれそめ