D9 聖櫃の悪魔操者3

『D9 ―聖櫃の悪魔操者―Ⅲ』(上野遊著/電撃文庫)★★★★☆

D9―聖櫃の悪魔操者― (3) (電撃文庫)
D9―聖櫃の悪魔操者― (3) (電撃文庫)

2015年6月刊。
1年ぶりの新刊にして、最終巻。
2巻で物語を壮大に展開させたため、あと1冊じゃまとめきれないんじゃないか・・・・・・という不安は杞憂でした。
最終巻は息つく暇もない怒濤の展開でとても面白かったです。そして綺麗に完結してくれました。
もう少しシリーズを続けてくれたら嬉しかったのですが、予想外に砂糖たっぷり吐けたので満足です←

☆あらすじ☆
悪魔憑きの少年ソーマと少女悪魔メルヴィーユ。二人は旅の仲間ファムにいざなわれ、“箱船の守り人”のアジトを訪れる。しかしそこは、何者かに壊滅させられた後だった―。襲撃者は、世界を守るはずの教会の人間。ソーマは、信じてきた教会の闇を暴く決意をする。一方聖都では、教皇ディアドラが世界の滅亡を予見。箱船が人々を救うとし、民衆を街へと集めていた。果たして古の伝説“箱船”は、人々を救うのか、それとも滅ぼすのか。人と悪魔の最後の戦い。ソーマとトーマ、因縁の兄弟の邂逅。すべては教会の総本山、聖都で決着する―!少年と少女悪魔の世界を救う旅、堂々完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む D9 聖櫃の悪魔操者3

百錬の覇王と聖約の戦乙女3

『百錬の覇王と聖約の戦乙女〈ヴァルキュリア〉3』(鷹山誠一著/HJ文庫)★★★☆☆

百錬の覇王と聖約の戦乙女3 (HJ文庫)
百錬の覇王と聖約の戦乙女3 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
百錬の覇王と聖約の戦乙女2 | 晴れたら読書を

2014年2月刊。
勇斗がユグドラシルに召喚されてからの空白の2年間に何があったのかが明らかになるエピソードゼロ。
読んでみると、勇斗の謙虚さというか慎重さの理由が分かって少し切なくなりました。

☆あらすじ☆
今や《狼》の宗主として押すに押されぬ存在となった勇斗。だが二年前、この世界に迷い込んだ頃の勇斗は未熟な一人の“少年”に過ぎなかった。そんな勇斗を成長させたのはフェリシア、イングリットら麗しき戦乙女達、そして頼れる兄貴分の存在……。弱肉強食の世界で勇斗はいかにして王に成り上がったのか? 今語られる覇王降臨編《エピソード・ゼロ》!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 百錬の覇王と聖約の戦乙女3