乙女な王子と魔獣騎士

『乙女な王子と魔獣騎士』(柊遊馬著/電撃文庫)★★★☆☆

乙女な王子と魔獣騎士 (電撃文庫)
乙女な王子と魔獣騎士 (電撃文庫)

2015年6月刊。
第20回電撃小説大賞投稿作品を改稿した作品だそうです。
国王への復讐に燃える魔獣の少年と、国王の娘でありながら王子として育てられた少女。
騎士学校で出会ったふたりが徐々に惹かれ合っていく姿を描く、恋と復讐の物語です。
テーマの割に心理描写が少々粗いようにも思えましたが、全体的に読みやすく、亜人差別問題を中心に構築された世界観も魅力的でした。
次巻出てくれないかなー?シリーズ化して、ラブロマンス方面にさらに舵を切ってほしいw

☆あらすじ☆
王への復讐。それが全てに勝る、騎士生ジュダの目指すもの。異端の種族の生き残りであるジュダは、母を処刑した王に近づくため、騎士学校に通っている。桜竜の吐息吹く、エイレン騎士学校。力を隠し怠惰な騎士生を演じるジュダのクラスに、眉目秀麗な王子ラウディが転入してくる。突然の仇敵の登場に、暗殺の機会を窺うジュダ。だが偶然にも、ジュダは知ってしまう。ラウディ王子の本当の姿は女の子だということを……。運命に翻弄されながらも惹かれ合う二人。恋を知った少年は、殺すのか、愛するのか。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女な王子と魔獣騎士

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける

『東雲侑子は全ての小説をあいしつづける』(森橋ビンゴ著/ファミ通文庫)★★★★★

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)
東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる | 晴れたら読書を

2012年5月刊。
東雲侑子シリーズ完結巻。元から三部作の予定だったということで、かなり綺麗に物語が締めくくられています。
最終巻はこれ以上は無理だよ・・・ってくらい砂糖吐きました。いちゃいちゃしよって!
最高の恋愛小説でした。とても面白かったです!!

☆あらすじ☆
私の一番大切な人に、この本を捧げます。
3年生になり、卒業後の進路を考えなくてはならない英太。東雲はやはり進学するという。特別優れているわけでも劣っているわけでもない自分も、ひとまずそう考えるべきなのだろうと思いながら、自分のやりたい事が分からずに迷う。小説家という夢を既に実現してしまっている東雲と自分を比べて、漠然とした焦燥に駆られる英太だが、東雲と過ごしてきた時間が、彼の望む未来をほのかに照らし始める……。
もどかしく苦いラブストーリー、決心の先へ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける