レオ・アッティール伝1 首なし公の肖像

『レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像』(杉原智則著/電撃文庫)★★★☆☆

レオ・アッティール伝 (1) 首なし公の肖像 (電撃文庫)
レオ・アッティール伝 (1) 首なし公の肖像 (電撃文庫)

2015年6月刊。
後に「首なし公」という異名で知られるレオ・アッティールの真実を描く物語、という体裁でスタートする戦記ファンタジーです。
第1巻はまるっと序章という感じで少し盛り上がりには欠けるものの、これから時代が大きく変動するのだという滲み出る熱量を感じました。
今後の展開に期待したい新作です( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
西のアリオン王国、東の聖ディティアーヌ連盟と二つの列強に挟まれたアトール公国。その公子レオ・アッティールはアリオンへ人質同然で送り出され、辺境の太守のもとで武芸と学問に励んでいた。そして時代は転換点を迎える。アトールと接する中立勢力・コンスコン寺院とアリオンの関係が悪化したのだ。アトールからの援軍パーシー、コンスコンの僧兵カミュ、僻地から来た傭兵クオンは協力して迫りくるアリオンの軍勢に対抗しようとする。その戦いの最中、三人とレオは運命の出会いを果たす―。若き主従が戦乱の世を駆け抜ける本格戦記ファンタジー、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レオ・アッティール伝1 首なし公の肖像

東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる

『東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる』(森橋ビンゴ著/ファミ通文庫)★★★★★

東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)
東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
東雲侑子は短編小説をあいしている | 晴れたら読書を

ああもう、最高でした、ほんと。
前巻で一応のクライマックスを見せてくれたはずなのに、そこから更に盛り上げるとは。
高校生たちが恋心に翻弄される姿が、もう、何とも言えない記憶を刺激して、ひたすらジタバタしながら読みました。面白かったーーッ!!

☆あらすじ☆
2年に進級した英太と東雲。東雲との関係が公になったことで心なしか賑やかな学校生活になってきた英太とは対照的に、東雲は初めてのスランプに陥っていた。そんな折、演劇部の女子喜多川が、「学園祭の舞台の脚本を東雲さんにお願いしたい」と英太に頼み込んでくる。その頼みを気分転換も兼ねて引き受けることにする東雲だが、思うように筆の進まない東雲と、奔放な喜多川に振り回される英太は少しずつすれ違っていき…。もどかしく苦い、第2章。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる

【雑記】2015.6.12

昨日は車から降りた途端にずぶ濡れになるくらい酷い雨でした。
・・・・・・前置きが雨の話題ばかりというのはどうかと思うのですが、雨意外に話題がない

1.ジャンル別ラノベおすすめ記事が流行ってるようなので
2.非WEB小説の異世界モノはどれだけあるのか
3.専用電子書籍リーダーの使い勝手
4.梅雨の休日はアニメかラノベで快適に過ごしたい(平常運転)
5.新人賞の応募作品数減少の原因はどこにあるのだろう?

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.6.12