波の手紙が響くとき

『波の手紙が響くとき』(オキシタケヒコ著/ハヤカワSFシリーズJコレクション)★★★★☆

波の手紙が響くとき (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
波の手紙が響くとき (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年5月刊。
「筺底のエルピス」(ガガガ文庫)で読み応え満点の素晴らしいSFを読ませてくれて以来、かなり注目しているSF作家・オキシタケヒコさん。
待望の2作目は「音」をテーマにした連作短編集でした。
「音にまつわる問題を、ほぐして解いて手を加え、解決するのを仕事とする」武佐音響研究所。
わずか3人の音のスペシャリストで構成されたその小さな会社には、今日も音にまつわる不可思議な事件が持ち込まれるのです。
ミステリな序盤から徐々にSFへと移行して、ラストは盛大にロマンチック。
タイトルの「波の手紙が響くとき」の意味が分かると、その深さと壮大さにうっとりとしてしまいました。

☆あらすじ☆
音声録音だけが手がかりの失踪人探し、深夜に囁かれる幽霊の声の調査…。零細企業の武佐音響研究所には、今日もワケアリの難事件が舞い込む。天使の声帯を持つ所長・佐敷裕一郎、口を開けば罵詈雑言の音響技術者・武藤富士伸、そして2人にこき使われる雑用係・鏑島カリン。彼らの掟破りなサウンド・プロファイリングが、“音”に潜む人々の切ない想いを解き明かす。さらに、彼らと因縁浅からぬトラブルメーカーのミュージシャン・日々木塚響が生み出した不思議な音色の謎は、皆を壮大な生命の秘密へと導いていく―個性的な解析チームが東奔西走するSF音響事件簿!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 波の手紙が響くとき