ニーナと精霊の扉2 白銀の悪魔と薔薇の約束


『ニーナと精霊の扉 白銀の悪魔と薔薇の約束』(羽倉せい著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

ニーナと精霊の扉  白銀の悪魔と薔薇の約束 (角川ビーンズ文庫)
ニーナと精霊の扉 白銀の悪魔と薔薇の約束 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから。
ニーナと精霊の扉 黒衣の公務員と碧の秘密 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
新人賞受賞作ですが、残念ながら完結。
大きな伏線は回収できたものの、やはり2冊では掘り下げ不足な感じはあります。
あとがきでも書いてありましたが、割を食ったのはやっぱりヒーローだったなぁ(´・ω・`)

☆あらすじ☆
シモン写真館の再建を目指して奮闘中のニーナは、写真の現像を頼みに来た男性が川で事故死したと知る。フィルムに写っていたのは大きくピントがボケた奇妙な集合写真。グラフォードとその謎を調べ始めたその矢先、何者かに襲撃される事件が起こる。グラフォードは、ニーナの身を守るためにしばらく一緒に暮らすことを提案してきて!?異色の近代ラブファンタジー、第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

川で事故死した男性の担当だったグラフォードと、男から写真の現像を依頼されていたニーナ。
男の遺した写真から、とある孤児院を巡る不審な事件とその裏にいるアダム・コーエンの存在を知って・・・・・・というのが第2巻のストーリーでした。

 

新人賞受賞作であっても3巻にすら届かないとは・・・・・・。不況ですねぇ。
あとがきでも書いてあるように、大きな物語を作るつもりだったのは1巻の時点から察することができた本作。
2巻完結でどこまでカバーできるのか不安だったものの、なんとかニーナの思い出のヴェーダまでは明らかにしてもらえてホッとしました(;´∀`)
さすがにそこが分からないままではモヤっとしますから。

 

さて、その思い出の人であるアダム。
アダムの素性やキャラクター的に、シリーズ化していたらもっと魅力的な悪役になりそうでした。
他人の精気を奪わなければ急速に老いるという闇の深いキャラだけに、終盤があっさり気味だったのは残念としか言いようがないです。

 

やっぱり2巻じゃ無理だよ・・・・・・(´;ω;`)

 

今回の事件そのものは悪くないんですけどね。
決着がつかずにアダムが逃げていれば、彼との対決の序章的な立ち位置になる巻だったのかもしれない。

 

アダム以上に2巻完結の影響を受けたのがヒーローであるグラフォード。
まさかファーストネームを呼び合うだけで終わるとは。甘さが足りない・・・・・・ |゚Д゚)))
グラフォード自身のキャラクターももっと掘り下げてほしかったです。まだ全然本性が表に出てきてない気がする。

 

そもそも、ニーナもグラフォードも自制心の強いキャラだけに、恋愛方向へは牛歩にならざるを得ないんですよね。
2巻で恋がどんどん進んでしまっては違和感だったでしょうが、ここで終わるのも物足りない。この先のふたりがどうなっていくのか見たかったです。

 

うーん、愚痴っぽい感想になってますね。
魅力的なシリーズだっただけに、悲しみが抑えられないんです。ご勘弁を( ;∀;)

 

余談。
双子の性別逆転の話、笑ったけどあれで1冊できそうですよね。読みたかった・・・・・・

 

完結は残念ですが、羽倉せいさんの次回作に期待します( ・ㅂ・)و ̑̑

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。