血界戦線 オンリー・ア・ペイパームーン

『血界戦線 オンリー・ア・ペイパームーン』(秋田禎信著/原作・内藤泰弘/集英社JUMP J BOOKS)★★★★☆

血界戦線 オンリー・ア・ペイパームーン (JUMP j BOOKS)
血界戦線 オンリー・ア・ペイパームーン (JUMP j BOOKS)

2015年6月刊。
アニメ絶賛放送中の「血界戦線」初のノベライズです。
著者の秋田禎信さんはオーフェンシリーズ等で有名なラノベ作家ですね。何気に初読み。
肝心の内容は、びっくりするくらい「血界戦線」でした!H.L.がここに!とても面白かった!!
あらすじからしてザップのクズ臭が漂ってくるようですが、・・・・・・うん!大体そんな感じw
もちろん、それだけのはずはないのですけどねっ(`・ω・´)
血界戦線の魅力そのままに、それどころか、さらにぎゅっと濃縮させたノベライズでした。
血界戦線ファンにおすすめ!特にザップ好きならものすごく楽しめるはずです(^^)/

☆あらすじ☆
「それで、どっちが私のパパ?」
レオとザップの前に現れた少女。彼女の一言が、この世界の未来を賭けた戦いのはじまりだった。秘密結社ライブラの語られざる物語、ノベライズ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 血界戦線 オンリー・ア・ペイパームーン

ニーナと精霊の扉2 白銀の悪魔と薔薇の約束

『ニーナと精霊の扉 白銀の悪魔と薔薇の約束』(羽倉せい著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

ニーナと精霊の扉  白銀の悪魔と薔薇の約束 (角川ビーンズ文庫)
ニーナと精霊の扉 白銀の悪魔と薔薇の約束 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから。
ニーナと精霊の扉 黒衣の公務員と碧の秘密 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
新人賞受賞作ですが、残念ながら完結。
大きな伏線は回収できたものの、やはり2冊では掘り下げ不足な感じはあります。
あとがきでも書いてありましたが、割を食ったのはやっぱりヒーローだったなぁ(´・ω・`)

☆あらすじ☆
シモン写真館の再建を目指して奮闘中のニーナは、写真の現像を頼みに来た男性が川で事故死したと知る。フィルムに写っていたのは大きくピントがボケた奇妙な集合写真。グラフォードとその謎を調べ始めたその矢先、何者かに襲撃される事件が起こる。グラフォードは、ニーナの身を守るためにしばらく一緒に暮らすことを提案してきて!?異色の近代ラブファンタジー、第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ニーナと精霊の扉2 白銀の悪魔と薔薇の約束