アオイハルノスベテ3


『アオイハルノスベテ3』(庵田定夏著/ファミ通文庫)★★★★☆

アオイハルノスベテ3 (ファミ通文庫)
アオイハルノスベテ3 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
アオイハルノスベテ2 | 晴れたら読書を

2015年5月刊。
すごく面白くなってきました!
ついにきた大河内さんのターン(しかし表紙は後ろ姿という・・・・・・)
そして、いよいよ物語はひとつの核心へ迫ります。まだまだ謎は多いですが、引っかかっていた問題は解消したので満足です。

☆あらすじ☆
高校を卒業しても『輪月症候群』を継続する方法がある。その情報を探るべく、浩人は柳沼と二人で【スタンプ】の能力を持つ卒業生に会いに行く……はずだったのだが、葵やまひる、美帆も参加を申し出て、いつの間にか大所帯の旅行に発展! 男女で海にバーベキュー、さらには宿泊まで、一度目の世界では考えられない夏休みを過ごす浩人。メンバーの誰もがハメを外して、その時間を満喫していたはずだったのだが――「お前が、世界をやり直したのか?」。オールデイズ青春グラフィティ、孤独と再生の第三巻。

以下、ネタバレありの感想です。

 

予告された死を回避する手がかりになるのではないかと、輪月症候群を卒業後も継続する方法を知るために【スタンプ】の人に会うことを決めた浩人。

 

ということで旅行回です。
鈍行列車の旅!海!BBQ!森林浴!
最後はともかく、とっても青春してました。良いなぁー。高校のときの旅行とか・・・・・・私なんて・・・部活の合宿くらいしか・・・・・・

 

浩人のハーレムも着々と構築。大河内、木崎、岩佐の3人のヒロインとそれぞれと過ごすとか、これがギャルゲーかな?
あ、柳沼もヒロインだったか。

 

楽しげな夏の旅は、しかし中盤で雰囲気を一変させます。
浩人達を追う生徒会の瓜生亮介と芹沢愛梨の不審な行動から、裏切り者の存在発覚、そして大河内葵が抱えていた問題へと物語は進んでいくのです。

 

大河内の事情はすでに分かっていたことですが、こうして改めて向き合うと本当に重いですね。
家庭崩壊寸前じゃないか・・・・・・
お姉さんの憎悪も、裏返せばそのまま死んでしまった婚約者への愛情の深さだったわけですから。単純に悪役にもできない。

 

両親も姉も憎むことができず、ただ絶望して、追い詰められていた大河内。
思考がすでに袋小路なんですよね。幸せになってはいけない、という結論が先にあるからどうにもうまく考えをまとめることができていない。
家族の問題も抱えて、自分のシンドロームにも悩んで、裏切りの罪悪感からせっかくの旅行も楽しめず。
表紙が後ろ向きなのはそんな彼女の心理状態を暗示していたのかな、と思うと切なくてたまりません。
見ていて可哀想なくらい自分を責める大河内の姿に胸が詰まる思いでした。
それだけに、大河内を救った浩人の言葉がストレートかつシンプルで爽快に感じられるのです。
グダグダ考えて深みにはまるくらいなら、開き直って幸せになればいいんですよ。
最高に青春臭くて、あのシーンすごく好きでした。

 

まぁまさか主人公のシンドロームが監禁罪、じゃなくて【二人だけの世界】とは驚きでしたが。
強制的に対話させるための能力かぁ。閉じ込めるといっても30分だけだし、現実世界は1秒たりとも進まないわけだし、驚くほど平和的な能力でした。

 

兎にも角にも、今回で大河内のシンドロームが世界をやり直したことが確定してスッキリしました。
最後ちょっと不穏なこと考えていましたが(無限ループ怖い)

 

もっとも、浩人がなぜ死んだのか、死は回避できるのか、という問題については持ち越し。
生徒会と輪月症候群派の争いの中で死ぬってどういうこと?戦争でも起きるのか??

 

そもそも、輪月症候群自体の謎も深まるばかりですし。
生徒会が躍起になっている理由もよくわからない。
【スタンプ】の人をはじめとする輪月症候群派の考えの方が「楽しいことをなくすなんてもったいない!」って感じでストレートにわかりやすい分、余計に生徒会が不気味に思えるんですよね。

 

お姉ちゃんは何を知ってるんだろうけどなー。
そういえば【スタンプ】の人の協力者はお姉ちゃんなのでしょうか?

 

余談ですが、生徒会カップル可愛すぎてめっちゃ好きです(´,,•ω•,,)♡
「仕事と私どっちが大事なの!?」を地で行く感じ。
彼らが大人になっても付き合ってたら、きっと何度も繰り返しそうな会話だなって思いましたw
生徒会長アホだなーと呆れたものの、芹沢との仲をかき乱されたことにキレていたので良しとします(何が)

 

まだまだ物語は続きます。4巻がとても楽しみです!

スポンサーリンク
 
0

「アオイハルノスベテ3」への4件のフィードバック

    1. もちこさん、コメントありがとうございます。

      恋愛要素は4巻時点ではほんのり味つけ程度ですね。それに期待して読むと薄いかも。
      基本的には仲間たちと一緒に何かをやり遂げる友情のお話です(^ ^)

  1. 返信ありがとうございました。作者さんの以前の作品は恋愛あったので気になりまして(笑)

    1. あくまで私の印象なので、他の方が読んだら恋愛要素がっつり入ってると言われるかもしれませんけどね。
      ちなみに恋愛方向に動きそうなメインヒロインはちゃんといます(。・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。