グリモアコートの乙女たち

『グリモアコートの乙女たち』(雨木シュウスケ著/講談社ラノベ文庫)★★★☆☆

グリモアコートの乙女たち (講談社ラノベ文庫)
グリモアコートの乙女たち (講談社ラノベ文庫)

2015年6月刊。
個人的にはレギオス以来の雨木シュウスケ作品です。
魔女が通う女子校に、ある目的のために女装して潜入した男性主人公。
この設定から想像がつくような展開はほぼなく、どちらかというと百合っぽいというか少女小説的な雰囲気を感じる物語でした。
復讐譚のシリアスな雰囲気を、女の子達の友情の華やかさで和ませつつストーリーは進みます。この巻も面白かったのですが、まだ序章という感じですね。
和洋折衷な魔法と「グリモアコート」という道具の設定も面白かったですし、今後の展開に期待したい新作です。

☆あらすじ☆
グリモアコート―日本で誕生した、西洋の魔女から独立した存在である大和魔女のみが着用することができる最高峰の万能魔法具だ。常夜坂女学院は、大和魔女の素質がある少女が集まる学院である。眩星織音は、とある目的のため、この学院に男であることを隠して入学することになった。だが、ともに入学するはずだった姉の綾音が、急遽来られなくなってしまう。女生徒たちの中で、時には女子の制服を着て日常生活を送り、時には黒衣のグリモアコートに身を包んで調査を行う織音。しかし、クラスメートの少女・千輪環に、男であることがバレてしまう。幸い、環の協力を得られることになった織音は、学年で一番の大和魔女・若宮の座を目指すが…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む グリモアコートの乙女たち

箱入り王女の災難1 魔術と騎士と黒猫の序曲

『箱入り王女の災難 魔術と騎士と黒猫の序曲』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

箱入り王女の災難  魔術と騎士と黒猫の序曲 (角川ビーンズ文庫)
箱入り王女の災難 魔術と騎士と黒猫の序曲 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
「シュガーアップル・フェアリーテイル」シリーズのコンビが再タッグ。
今度は召使いの身体に乗り移ってしまった王女さまの物語です。
箱入りで世間知らずだった王女様の成長を描いていくファンタジーで、キャラがとても魅力的。
ちょっと頼りないけど真面目で素直なヒロインは、ハラハラしつつも「頑張れー!」と応援したくなる女の子でした。
前作「封鬼花伝」よりは明るめのお話でしたが、まだまだ序章。今後に期待です!

☆あらすじ☆
この王女、重大な秘密あり!? 三川みり×あきで贈る王女の逆転ライフ!!
落馬事故に巻き込まれた王女フレデリカは、目覚めると召使いの身体に乗り移っていた! しかも王女は死んだと王宮中がパニックに! 元の姿に戻るため、「地獄の番犬」と名高い騎士・イザークの力を借りるけれど?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 箱入り王女の災難1 魔術と騎士と黒猫の序曲

【雑記】2015.6.3

九州は梅雨入りです。
激しい雨が降ると駐車場がひどいことになるのでヒヤヒヤしてます(´;ω;`)

1.オタク仲間を簡単に探せる時代って素晴らしい
2.2015年上半期BOOKランキングが出ました。2015年半分終了のお知らせ。
3.ここ数年ラブコメラノベに貢ぎすぎてラブコメ漫画が買えてない・・・・・・買おう。
4.深夜アニメをリアルタイムで見るのは辛い
5.シャフ度が揃うと狂気を感じる

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.6.3