ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫

『ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫』(綾里けいし著/ファミ通文庫)★★★★☆

ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫 (ファミ通文庫)
ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年5月刊。
面白かったーーっ!!
段ボール入りで届けられた同級生は「私を食べて欲しいんです」と言ってきて・・・・・・という奇妙すぎる形で始まるミステリアスな物語。
美少女と秘密の同棲。美少女といちゃいちゃ。全力で慕ってくれる可愛い妹もいる。
・・・・・・なのに何故こんなに狂気に満ちあふれた物語なってしまうのか。
軽快な語り口にラブコメを読んでると何度も錯覚させられ、その度に悪夢の中に放り込まれていることを気づかされるのです。これがすごくクセになる。
様々な謎と不審が錯綜し、誰も彼もが歪んでいる中で、一体どこに真実があるのかと最後までドキドキしながら読みました。
あと、バカップルが好きな人は楽しめる作品だと思いました。・・・・・・たぶん。いやどうだろ。私は大好きです、このカップル。

☆あらすじ☆
食糧と書かれた宅配便に入っていたのは『淑女』と名高い同級生、白咲初姫だった。姉を殺し内臓を食べた人物に自分も食べて欲しいという。彼女は『有坂家【モンスターファミリー】』次男である俺、有坂有哉が犯人だと言い、自分を食べろと居座り始めた。折しも俺は兄妹の部屋から誰かの内臓と手首を見つけてしまい……。それでも俺は家族を推定無罪とし、平穏を守るべく、初姫が納得する別の犯人探しに乗り出すが――。青春を生き抜く悪役たち【ヴィランズ】の学園ミステリアス・エンタテイメント!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫

六花の勇者4

『六花の勇者4』(山形石雄著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

六花の勇者 4 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)
六花の勇者 4 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)【Amazon】【BOOK☆WALER】

前巻の感想はこちらから
六花の勇者3 | 晴れたら読書を

2013年7月刊。
前巻の最初の方は結構チームワークがとれてたはずなのに、色々あってますますギクシャクとしてしまう六花の勇者。
そんな中でのロロニア回です。ラストがまた波乱を呼びそうで怖い。

☆あらすじ☆
「七人目」の脅威がいまだ残る六花の勇者たちは、ドズーの話から、テグネウの策略の一端を知る。「黒の徒花」とよばれる聖具が、「七人目」に関する重大な手掛かりであるというのだ。アドレットはその聖具が造られた神殿へ向かい、正体を暴くことを決める。一方、テグネウは六花の勇者を阻止するため、人間を兵器に作り替えた『屍兵』を動員する。『屍兵』の中にはアドレットの故郷の人間も含まれていることを知ったロロニアが『屍兵』を救う方法はないか、と言い出し…!? 伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第4幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 六花の勇者4