ライフアライヴ!4 キミと続ける学園総選挙

『ライフアライヴ!4 キミと続ける学園総選挙』(あさのハジメ著/MF文庫J)★★★☆☆

ライフアライヴ!4 キミと続ける学園総選挙 (MF文庫J)
ライフアライヴ!4 キミと続ける学園総選挙 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ライフアライヴ!3 恋愛エレクション | 晴れたら読書を

2015年5月刊。
最終巻。
全4巻と短めのシリーズでしたが、打ち切り感はなくコンパクトに綺麗にまとめた印象。
弱冠の不満点はあるものの、ゾクりとさせるヤンデレの怖さは健在でしたし、最後は盛大に砂糖を吐ききったので満足です。

☆あらすじ☆
いよいよ最終決戦の舞台、瀬海学園文化祭が始まった。初日に行われた討論会で千夏陣営、愛梨陣営のマニフェストが出揃い、残すイベントは三日目のミスコン、そして五日目、生徒会総選挙の最終投票だけに。「そんなに抱きつかなくていいんじゃないか?」「私たちは恋人なんですから、こうするのが自然なんですよ」支持率を得るための追い込みとして恋人を演じ続けながらも文化祭を楽しんでいた北斗と愛梨だったが、愛梨の様子がどこかおかしい?そして、生徒会総選挙の行方は―?あさのハジメ×ゆーげんが放つ劇場型青春ラブコメディ、運命の刻が迫る…!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ライフアライヴ!4 キミと続ける学園総選挙

エルトゥールル帝国シリーズ4 惑いの鳥籠 身分違いの恋人

『惑いの鳥籠 〜身分違いの恋人〜』(貴嶋啓著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★★☆

惑いの鳥籠 ~身分違いの恋人~ エルトゥールル帝国 (講談社X文庫ホワイトハート)
惑いの鳥籠 ~身分違いの恋人~ エルトゥールル帝国 (講談社X文庫ホワイトハート)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
エルトゥールル帝国シリーズ3 彷徨う姫は海に恋す 翠緑への航路 | 晴れたら読書を

2014年1月刊。
政変から始まったエルトゥールル帝国シリーズ第4弾。
時系列的には「囚われの歌姫」の同時期。やはり物語のヤマ場にクーデターがあると物騒ですが華やぎますね。面白かったです!
前3冊の登場人物も絡んできているので、ところどころニマニマしていたのですが。ちょっと看過できないところがあるぞ!どういうことだ!?(((゜Д゜;)))

☆あらすじ☆
貧しい家に生まれたエミーネは、エルトゥールル帝国の後宮で皇太后に仕える女官。美しいと評判の姉の代わりに後宮へと差し出されて以来、コンプレックスを持ち、煌びやかな後宮で常に目立たぬようにふるまってきた。新帝の即位を祝う宴で、ラレンデ君侯の世子バヤジットから皇太后の情報を教えてほしいと頼まれる。彼の大胆さに驚くエミーネだが、後宮を一生出られないという絶望の中、バヤジットの間者となる決心をする!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エルトゥールル帝国シリーズ4 惑いの鳥籠 身分違いの恋人