ようこそ実力至上主義の教室へ

『ようこそ実力至上主義の教室へ』(衣笠彰梧著/MF文庫J)★★★☆☆

ようこそ実力至上主義の教室へ (MF文庫J)
ようこそ実力至上主義の教室へ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年5月刊。
PVがアニメ風という、MF文庫J渾身の新作。

実力至上主義によって学生生活の充実度が左右される学園を舞台に、不良品が集められたDクラスの主人公達が上を目指して奮闘する物語です。
前半はキャラや展開が好みじゃなく投げ出しかけたのですが、終盤は楽しく読めました。今回はようやく走り始めたところという感じなので、本当に面白くなるのは2巻からになりそう。

☆あらすじ☆
希望する進学、就職先にほぼ100%応えるという全国屈指の名門校・高度育成高等学校。最新設備の使用はもちろん、毎月10万円の金銭に値するポイントが支給され、髪型や私物の持ち込みも自由。まさに楽園のような学校。だがその正体は優秀な者だけが好待遇を受けられる実力至上主義の学校だった。ある理由から入試で手を抜いた結果、主人公・綾小路清隆は、不良品が集まる場所と揶揄される最底辺のDクラスに配属されてしまう。同じクラスで成績は優秀だが性格に超難ありの美少女・堀北鈴音、気遣いと優しさでできた天使のような少女・櫛田桔梗らと出会うことで清隆の状況も変化していって……。大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ようこそ実力至上主義の教室へ

黒龍公主寵姫伝 皇子は公主を捕らえる

『黒龍公主寵姫伝 皇子は公主を捕らえる』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

黒龍公主寵姫伝 皇子は公主を捕らえる (一迅社文庫アイリス)
黒龍公主寵姫伝 皇子は公主を捕らえる (一迅社文庫アイリス)

2015年5月刊。
「白竜の花嫁」シリーズの永野水貴さんの新作。
白竜は「和洋折衷+ドラゴン」ですが、こちらは「中華+龍」。スピンオフではなく別作品だそうです。
かなり暗めの世界観+理不尽のオンパレードなので好みは分かれそう(特に黒龍VS人間の対立構造は深刻にもやもや)
ただ、強気に気高いヒロインと途中から彼女を気になって仕方なくなるツン皇子のケンカップルぶりはとても私好みでした。
ストーリーについても、この悲劇性の煽りかたは嫌いじゃないですね。ラストの展開には「そっちのルートにいっちゃうのか!」と思ってしまいましたがw
というわけで、もやもやと残る部分を回収しケンカップルのデレを見るためにも、ぜひシリーズ化してほしい新作です(`・ω・´)ノ

☆あらすじ☆
辺境で育った少女・春嵐の平凡な日々は、春嵐を“公主”と呼ぶ黒龍の青年・黒淵の襲来により終わりを告げた。両親を殺され激情のまま龍へと変化した春嵐は、帝国の皇子・流星に捕らえられてしまう。人の姿に戻った春嵐は“黒龍の公主”として彼の監視下に置かれ、流星の邸で暮らすことになり…。私は人なのか、龍なのか―。帝国を舞台に、龍と人が織りなす中華風ドラゴンラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒龍公主寵姫伝 皇子は公主を捕らえる