エイルン・ラストコード2 架空世界より戦場へ

『エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜2』(東龍乃助著/MF文庫J)★★★★☆

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
エイルン・ラストコード1 架空世界より戦場へ | 晴れたら読書を

2015年5月刊。
期待の本格ロボットラノベ第2弾。
今回も素晴らしく熱く、面白かったです!!
学園ラブコメが始まると見せかけて、恐怖の鬼教官降臨・・・・・・

☆あらすじ☆
ロボットアニメの世界から西暦2070年の世界へと召喚されたエイルン=バザッド。虚構の存在である自分の存在を認めてくれたセレンと、この世界を救うため立ち上がるエイルンだが、騎兵部の部員は独断専行、心に爆弾を抱えた生徒が多数と、人類反抗の先鋒たる氷室義塾の崩壊寸前な状況が判明する。何よりセレンにまつわる悲しい過去『機兵部初代部長・神無木緑の喪失』が呪縛のように多くの生徒を苦しめていた。「一ノ瀬…誰かが誰かに成り替わるなんて、出来はしないんだ」だが、エイルンの言葉と行動が、多くの人の心を動かしていき―!?爆発する爽快感!とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード2 架空世界より戦場へ

文句の付けようがないラブコメ3

『文句の付けようがないラブコメ3』(鈴木大輔著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★★

文句の付けようがないラブコメ3 (ダッシュエックス文庫)
文句の付けようがないラブコメ3 (ダッシュエックス文庫)

前巻の感想はこちらから
文句の付けようがないラブコメ2 | 晴れたら読書を

2015年5月刊。
素晴らしいです!まだ物語は終わりませんし、続きは超絶気になりますけど!!
それでも2巻からの上下巻構成の物語として、1巻以上の完成度を見せてくれました。ラストシーンの壮絶な美しさに鳥肌。
思わず叫びながらソファーから落ちるくらいには感情を揺さぶられました。何度も言うけど本当に素晴らしかった・・・・・・でも辛い。

☆あらすじ☆
再構築された世界でも惹かれ合った優樹と世界(セカイ)。世界は次第に学校にも溶け込んでゆき、彼らの平穏な日々は今度こそ続いていく――と思われたが。世界の態度はどこか煮え切らず、優樹は不審を抱いていた。そんなある日、おチヨによって世界(せかい)と世界(セカイ)の秘密は暴かれ、無情にも決断の刻が迫りつつあることを知らされる。九十九機関から逃れるためにあらゆる手段を使った逃避行の末、辿り着いたのはとある港町の修道院。そこでささやかな”願い”を果たそうとする二人を待ち受ける運命とは――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 文句の付けようがないラブコメ3

エルトゥールル帝国シリーズ3 彷徨う姫は海に恋す 翠緑への航路

『彷徨う姫は海に恋す 〜翠緑への航路〜』(貴嶋啓著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★☆☆

彷徨う姫は海に恋す ~翠緑への航路~ エルトゥールル帝国 (講談社X文庫ホワイトハート)
彷徨う姫は海に恋す ~翠緑への航路~ エルトゥールル帝国 (講談社X文庫ホワイトハート)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
エルトゥールル帝国シリーズ2 隠された皇女 法官と秘めたる誓い | 晴れたら読書を

2013年10月刊。
1巻(「囚われの歌姫」)に登場したイェシル皇女と海賊ハイレッティンの出会いを描いたシリーズ第3弾。
時系列的にはこれが最初の物語だそうです。1巻2巻を読んでなくても何も問題ありません。皇女なのに3冊読んだ中では1番お転婆すぎるヒロインでしたw

☆あらすじ☆
イェシルはエルトゥールル帝国の第二皇女。皇位に就かなければ殺される運命である兄ジハンギルにつき従い、辺境の港町イスケンデリアにやってくる。その夜、不安で眠れずに星空を眺めていると、突然男が現れ、押し問答の末、いきなり唇を奪われてしまう。驚きと怒りで後を追うイェシル。男が乗り込んだのは、海賊“スィムルグ”の船だった。不審者として捉えられてしまったイェシルは船から逃げだそうとするが、うまくいかない。しかし露悪的な態度の裏にある彼ハイレッティンのやさしさに次第に気づいていき……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エルトゥールル帝国シリーズ3 彷徨う姫は海に恋す 翠緑への航路