神話伝説の英雄の異世界譚1

『神話伝説の英雄の異世界譚1』(奉著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

神話伝説の英雄の異世界譚 1 (オーバーラップ文庫)
神話伝説の英雄の異世界譚 1 (オーバーラップ文庫)

2015年5月刊。
2度目の異世界召喚≒強くてニューゲーム。
最初に召喚された異世界の1000年後に再び召喚された少年が、皇位継承争いで窮地に立つ皇女と出会う物語です。
異世界召喚俺TUEE系の王道を重ねる展開ではありましたが、これがなかなか面白い。主人公が最初の異世界召喚での記憶を失っているため単純な「強くてニューゲーム」とも少し違い、それが中盤の展開を熱くさせるのです。
まだ序章なので色々と謎はありますが、期待したい新シリーズ。今後の展開が楽しみです!

☆あらすじ☆
奥黒比呂はかつてアレーティアという異世界に召喚され、“軍神”として仲間と共に国を救い、周辺諸国を征服することで一大帝国を築きあげた。その後、比呂は全てを捨てる覚悟を決め、記憶を失う代償に元の世界へと帰還する。日々幸せを謳歌していた比呂だったが、なんの因果か再び異世界に喚び戻されてしまう。―そこは、1000年後のアレーティアで!?自身の築きあげた栄光が『神話』となった世界で、『双黒の英雄王』と呼ばれた少年の新たな『神話伝説』が幕を開ける!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神話伝説の英雄の異世界譚1

虹色姫の紡ぐ糸

『虹色姫の紡ぐ糸』(山咲黒著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

虹色姫の紡ぐ糸(仮) (一迅社文庫アイリス)
虹色姫の紡ぐ糸(仮) (一迅社文庫アイリス)

2015年5月刊。
養蚕家のヒロインと二重人格(というより外面系)ヒーローのふたりが、幻の蚕を育てる話です。
そこに王家の落胤疑惑やら暗殺者の魔の手やらのトラブルが舞い込むわけですが・・・・・・なんだろうな。うん。誰か奴を殴り飛ばしてくれ。

☆あらすじ☆
没落貴族の娘・プジェットが借金のカタに腹黒幼なじみから迫られたのは、幻の「虹色蚕」を育てて極上の糸を取ること。出来なかったらあんたと結婚する!?冗談じゃない!意気揚々と虹色蚕を育てることにしたプジェットだけれど、なぜか騎士のラウルが護衛につくことに。完璧な紳士かと思いきや、外面がいいだけの二重人格騎士と一緒に蚕を育てていくうち、狙われているのは虹色蚕でなくプジェット自身だと気付いて…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 虹色姫の紡ぐ糸

彼女は戦争妖精 小詩篇1

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉 小詩篇1』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★☆☆

彼女は戦争妖精 小詩篇 1<彼女は戦争妖精 小詩篇> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精 小詩篇 1<彼女は戦争妖精 小詩篇> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精4 | 晴れたら読書を

2009年11月刊。
「彼女は戦争妖精」シリーズの短編集第1弾です。
けんちゃんまーちゃんコンビ話きたー!(´,,•ω•,,)♡

☆あらすじ☆
父・康頼の手がかりを探すため、古い手紙を頼りに父の恩師を訪ねる伊織。クリスを連れていざ鎌倉へ――(Lebor Caointeach)、大人の女を相手に日々を過ごす由良健二。ゴシックスタイルに赤い髪の美少女が彼の運命を変える――(Lebor Geancannah)、パトリックとの戦闘で傷ついた伊織のため、宮本家に通う常葉。しかし伊織のクラスメイト・山崎が彼に似合わない相談とともに現れて――(Lebor Cermait)。妖精たちと”鞘の主”の秘密と絆を奏でる、待望の小詩篇!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精 小詩篇1