魔法使いの召使い

『魔法使いの召使い』(陸凡鳥著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

魔法使いの召使い (ガガガ文庫)
魔法使いの召使い (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年5月刊。
なんだかとても懐かしい気持ちにさせてくれるファンタジーでした。
物語は、両親を亡くして身寄りがなくなったお嬢様育ちの主人公ビアンカが、不思議な手紙に導かれて魔法使いの元で働くことになる、というところから始まります。可愛らしい魔法や優しい人々に囲まれ、ドジを踏んで怒られたりしながらも、様々な問題に立ち向かっていくビアンカの成長物語です。
児童文学というよりも童話的(絵本的?)。小さい頃に読んだ絵本を1冊の小説として膨らませたらこんな感じになるのだろうなぁ、と郷愁にも似た気持ちになりながら読み終わる作品でした。

☆あらすじ☆
ただの人間です。不器用だけど頑張ります!両親を亡くし天涯孤独の身となった少女、ビアンカのもとに届いた差出人不明の一通の手紙。それは、とある家で召使いとして働くよう彼女に促す手紙だった。わらにもすがる思いから、その手紙に書かれた手順通りに従ったビアンカは――なんと、異世界へと飛ばされてしまう! しかも、働き口を紹介されたその家は魔法使いの家だった……。日がな一日研究ばかりしている尊大で気難しい魔法使いのエルヴィンと、小言は多いが面倒見のよい家政婦のメーネ。 そんな二人のもとで暮らしはじめたビアンカだったが、生来の不器用さが災いしての失敗の連続にメーネは呆れ気味。そこで、面倒くさがり屋のエルヴィンは、自身が編纂した魔法辞典をビアンカに手渡し、一時的に魔法を使うことを“許可”するのだが、やがて彼女は魔法界全体を揺るがすような大失態をやらかしてしまう……。 人間でありながら魔法使いの召使いとなった少女、ビアンカの失敗と成長の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法使いの召使い

【雑記】2015.5.23

金星特急 (1) (ウィングス文庫)

土曜です。こちらの天気は悪そうです。
ブログのタイトルは「晴れたら読書を」ですが、読書するのに天候は関係ないなと気づいた今日この頃。

1.絵ノベルってこれか!
2.ノベライドルって何?
3.要するに本を壁に投げてはいけない
4.読者の人気投票で絵師と作家の組み合わせを選ぶ企画があればいいのに
5.本で床を抜く心配をする前に

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.5.23