六花の勇者3

『六花の勇者3』(山形石雄著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

六花の勇者 3 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)
六花の勇者 3 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
六花の勇者2 | 晴れたら読書を

2012年11月刊。
面白かったー!!
今回もまた前巻までとは構成を変えての「7人目探し」。そして、諸般の事情から前巻では木偶の坊状態だったゴルドフのターンです。
毒気が強い人間ドラマの読み応えが素晴らしい。全体的に見るとミステリー色はいくらか薄れてしまいましたが、これはこれで私はとても好みでした。

☆あらすじ☆
騎士か、叛徒か。勇気か、暴走か。テグネウの脅威(きょうい)にさらされたまま、魔哭領(まこくりょう)を奥へと進む六花(ろっか)の勇者たち。その道中、ゴルドフが突如「姫を助けに行く」とだけ告げ、アドレットの制止を振り切って姿を消す。不可解なゴルドフの行動に、六花は再び混乱に陥る。ゴルドフが「七人目」なのか、それとも何かの策略にはめられているのか…!? さらに、再び現れたテグネウは凶魔(きょうま)たちの内紛について語り、挙句(あげく)に自分と手を組まないかと提案をしてくる。果たしてその真意とは? 伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第3幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 六花の勇者3