紅霞後宮物語

『紅霞後宮物語』(雪村花菜著/富士見L文庫)★★★★★

紅霞後宮物語 (富士見L文庫)
紅霞後宮物語 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年5月刊。
第2回富士見ラノベ文芸大賞金賞受賞作。
素晴らしかったです。良いものを読みました。
元武官の女傑が皇帝となった知人に頼まれて後宮入りしてみた、ということで「笑える後宮ラブコメかな?」と気楽に手に取ってみた本作。確かに笑えました。竹を割ったような清々しい主人公を中心とする軽妙で軽快な語り口は、読んでいて心地よくなるレベル。挟まれるツッコミに何度吹き出したことか。
しかし、本作の真骨頂というべきは後半からの人間ドラマでしょう。
綺麗なモノに囲まれて、醜い感情が渦巻く後宮の物語。決して後味がスッキリするものとは言えないかもしれませんが、この主人公だからこそ大きな魅力をもって輝くのだと私は思うのです。

☆あらすじ☆
関小玉、33歳。不世出の軍人と噂される彼女は、「とある事情」から、かつての相棒にして今はこの国の皇帝である文林の懇願を受け、ある日突然、皇后となった。いきなり夫婦となった文林との関係に戸惑いつつも、小玉は持ち前の前向きさと大雑把さを武器に、女性の嫉妬と欲望が渦巻く後宮「紅霞宮」に入る。他の妃たちの嫌がらせにも気づかぬ小玉のマイペースさに、後宮はまさに大混乱!だが、その混乱は後宮に潜む“闇”をも目覚めさせてしまい…。選考委員絶賛の、あまりに型破りな後宮物語、ここに開幕―。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 紅霞後宮物語

風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室

『風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室』(青木祐子著/集英社オレンジ文庫)★★★☆☆

風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室 (集英社オレンジ文庫)
風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室 (集英社オレンジ文庫)

2015年4月刊。
コバルト文庫の作家さんがオレンジ文庫で書くパターンは増えていくのでしょうねぇ。それはいいけどコバルトでも新作よろしくねって願って止まない。
本作の主人公は、お風呂を愛しすぎている受付嬢と、入浴剤の開発に携わる女子力が足りない女性研究員のふたり。
風呂を通じて仲良くなっていくふたりが、理想のお風呂を求めて試行錯誤したり、恋にウンウン悩んだりするお話でした。
途中吹き出したりしながら楽しく読みました。しかし男が残念すぎる!!!

☆あらすじ☆
天天コーポレーション研究所の受付嬢、砂川ゆいみは風呂が大好き。銭湯で失恋の痛手を癒しているときに、入浴剤開発員の鏡美月と知り合ったことから、モニターに抜擢される。美月は営業部の円城格馬とともに、バスタオルと水着に身を包み、今日も理想の風呂を目指して研究に励む。ゆいみ、美月、格馬ははたして理想のお湯を作れるのか!?本邦初!?OL風呂小説!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室