となりの魔王1 到来編


『となりの魔王 到来編』(雪乃下ナチ著/ビーズログ文庫アリス)★★★★☆

となりの魔王 到来編 (ビーズログ文庫アリス)
となりの魔王 到来編 (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年5月刊。
私も魔王さんのお隣になってシャレオツなプリンをお裾分けいただきたい(`・ω・´)ノ
超笑いました。この楽しさはヤバイ。
お隣に引っ越してきた魔王さんと、彼の参謀(ツッコミ)に任命された女子高生のハートフルな田舎ライフコメディです。
このユルさはたまらないな・・・・・・

☆あらすじ☆
平凡な田舎町に暮らす、平凡な女子高校生の瀬野夏織。ある日、うちの隣に引っ越してきたのは――魔王でした。全身黒いベール、肩にカラス、そして手には引っ越し蕎麦。「つまらぬものだがお近づきのしるしぞ」「はあ、これはどうも、ご丁寧に……」値引き品と通信販売が好き、町内会にもきちんと参加! おかしな魔王様とツッコミ女子高校生が繰り広げる、ハートフル非日常コメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

女子高生瀬野夏織の家に引っ越しのご挨拶(蕎麦持参)で訪れたのは魔王
混乱のまま(防犯意識について苦言を呈されながら)ご挨拶をすませた夏織は、その後、家族から自分の住む田舎町が「昔から時々魔王さんが現れては滞在していく土地柄」だということを聞くのです。

 

という、もはやどこからツッコミを入れればいいのかわからないスタートを切る本作。
そのゆる〜っとしたノリのまま話は進んでいきます。ノリはゆるいですが、地の文の軽快さは楽しすぎてハマります。言葉遊びが巧い!

 

魔王の存在についてクエスチョン乱舞するのは夏織だけで、家族もご近所さん達も「ああ、魔王さんね。回覧板回しといてね」くらいなノリでこの怪奇人物をスルッと受け入れちゃうという田舎。やばい。田舎やばい。どうなってるのこれ。魔王さんの身元はしっかりしているらしい。どういうことだ。

 

そういうわけでツッコミ役は必然的に夏織ひとり。お隣さんなので色々と不案内な魔王のお世話も夏織の役目。

魔王がご近所さんという非日常な日常にだんだんと染まっていきながらも、律儀にツッコミを入れ続ける夏織の視点から送られる楽しいコメディでした。

 

なんといっても、魔王(15)のキャラが最高。
防犯意識が高く、防水性は皆無。特売に目を光らせ、わんこと通販を愛する。
だめだ。これは可愛すぎるwというか面白すぎるww
確かにドアチェーン大事ですよね(´-ω-`)うちも田舎なんでめったにかけて応対しないけど。魔王さんに怒られる。
あと、羽に防水スプレーかけてましたけど大丈夫なんですか。かゆくなったりしないんですか。あの羽って洗えるのかな・・・・・・

 

頭を空っぽにして、夏織と魔王のゆるくてのほほんとした交流を思いっきり笑ってスッキリする系の作品でした。イヤなことがあって気分を上げたいときに読みたい感じ。

 

次巻は7月だそうです(ソースはラノベの杜)
「襲来編」とありますけど、魔王さんすでに襲来済みでは?とにかく2巻が楽しみです!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。