月の魔法は恋を紡ぐ 特殊な嗜好はハタ迷惑!


『月の魔法は恋を紡ぐ 特殊な嗜好はハタ迷惑!』(富樫聖夜著/ビーズログ文庫)★★★★☆

月の魔法は恋を紡ぐ -特殊な嗜好はハタ迷惑!- (ビーズログ文庫)
月の魔法は恋を紡ぐ -特殊な嗜好はハタ迷惑!- (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年5月刊。
幼児性愛描写(ロリコン)は滅びろ・・・・・・!
という強烈なキャッチフレーズに釣り上げられて読んでみました。面白かった!
ロリコン魔法使いに姿を変えられ成長も止められてしまった主人公。「見た目は幼女、中身は美女」となってしまった彼女が、魔法を解く手がかりを求めて王宮へ乗り込むという物語です。
基本的には明るいノリのコメディですが、人生を歪められたことで生じた家族に対する複雑な感情への葛藤などシリアスな側面もちゃんとフォロー。
もっとキャラをはじけさせてもいいんだよ?とか思ったりしつつも、メリハリがきいた軽快なストーリーが楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
誰もが羨む美貌のリーフィアは、10歳の誕生日、変質な魔法使いによって成長が止まる魔法をかけられてしまった! ──そう、彼は、幼児性愛病者(ロリコン)だったのだ!! 新月の晩だけ元に戻れるものの、18歳になっても子供姿のリーフィアは、魔法を解除すべく王宮の魔術師に会いに行く。しかし、そこで出会った王子様にやたらと好かれてしまい!? まさか、王子(あなた)もロリコンなの──!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

絶世の美貌を誇っていた伯爵令嬢リーフィア
しかし10歳の誕生日にやってきたロリコン魔法使いによって、彼女は「姿を変える魔法」と「成長を止める魔法」を重ねてかけられてしまいます。

美貌は平凡な容姿へ。10歳の姿は何年経っても変わらないまま。
新月の晩だけは本来の姿に戻れるものの、かけられた月魔法はすでに失われているため魔法をとく手がかりもない。

失意のまま8年間引きこもり続けたリーフィアは、「王宮にいる筆頭魔法使いならば月魔法のことを知っているかもしれない」という希望を胸に、妹フィランのふりをして王女の侍女として王宮に乗り込むことを決意するのです。

 

ストーリーはかなりテンポ良く進みます。
「フィラン」の正体がリーフィアであることをエーヴェルトにバレるのは終盤かなぁ?と思い込んでいたのですが、思いの外早くバレてしまいましたし。

 

そのエーヴェルトですが、「ロリコン疑惑の王子」というあらすじに不安だったのですが、実際は「小さくて可愛いもの」が好きってだけなんですね。動物とか。幼女とか。・・・・・・ロリコンか!
そういえば、エーヴェルトが「新月の貴婦人」=フィランだと知ったのはラディムに聞いたときが初めてなのでしょうか。じゃあその前は普通に幼女を猫かわいがりしてただけなのか。うーん。ロリコンだ!

 

というのは冗談ですが、エーヴェルトはもうちょっとロリコン疑惑側にキャラを振り切っても良かったような気がします←
いや、だって、その後出てきたロリコン魔法使いの方がキャラが強烈すぎて(;・∀・)
幼女に踏まれそうになって恍惚となるオッサンとか怖すぎる。しかもストーカーですよ。8年ずっと側にいたとか、もはやホラーですよ。
ロリコン魔法使いのキャラが濃すぎて、エーヴェルトが負けてしまっていたのだけがちょっと残念でした(ロリコン対決でヒーローが勝ってもイヤだけど)

 

ストーリーも良かったのですが、ロリコンの罠に嵌められ、人生を狂わされた悲劇の美女、というシリアスな側面をしっかり描いているところも私的にとても好みでした。

過剰に嘆く家族や周囲へ対し、「自分の中身は変わっていないのに外見がそんなに大事なのか」と失望するリーフィア。
わずか10歳で美貌を褒めそやされて育ってきたために、余計にその落差は受け入れがたかったのでしょう。
家族としてはそんなつもりがなかったとしても、フォローが間に合わないというのは良くあること。しかもフォロー後もリーフィアに接する態度はどうしようもなく以前とは変わってしまうわけです。

リーフィアがそれを悲しみ、もう家族からの愛を素直に受け取ることはできないと思ってしまっても仕方ない(´・ω・`)
それでも家族を愛しているからこそリーフィアの葛藤があるんですよね。割り切れない感情を持て余して悩みながらも、自力で問題を解決しようと努力する姿が魅力的なヒロインでした。

 

一方で、そんなリーフィアの複雑な感情が、「あのとき欲しかった言葉をくれた」という形でエーヴェルトの株を上げるところにつながるわけです。
正体バレからの一連のシーンは細やかな感情の流れが描かれていて実に好みでした。ちょっとウルっときました。あのシーンのエーヴェルトはちゃんと王子様してて格好良かったですw

 

ラストはお約束。
魔法は完全には解けず、魔法使いも行方不明。
普通は昼幼女夜美女だろ!?と思ってしまったのでエーヴェルトが同じ事を呟いてて吹きましたw
昼は美女なのに夜は幼女になるヒロインっていうのは面白そうです。
これは続編を出すしかないですね!ロリコンのふりして幼女を愛でる(あれ?ふりじゃない)エーヴェルトがもっと見たいので、2巻もお願いします( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。