嘘つき探偵・椎名誠十郎

『嘘つき探偵・椎名誠十郎』(二丸修一著/メディアワークス文庫)★★★☆☆

嘘つき探偵・椎名誠十郎 (メディアワークス文庫)
嘘つき探偵・椎名誠十郎 (メディアワークス文庫)

2015年4月刊。
嘘つきで女好きの探偵と元エリート堅物刑事のコンビが、依頼者のヒロインと共に失踪した彼女の親友の行方を追うというミステリー。
「嘘」がテーマとなっているだけに、登場人物の誰もが嘘嘘嘘ばかり。ちょっと混乱しそうでしたが、変わった切り口が面白い作品でした。

☆あらすじ☆
失踪した親友の捜索依頼のため、自由が丘にある「椎名探偵事務所」を訪れた千脇奏。彼女が出会ったのは、およそ探偵らしくない甘いフェイスの「嘘つき探偵」こと所長の椎名誠十郎―美人に甘いペテン師だが、巧みな話術と嘘を使うことで真実を見抜き、依頼を即解決するという元恋愛詐欺師の凄腕探偵である。彼の相棒は、堅物の元エリート刑事・明神秋馬。二人は通称「嘘憑き事件」を捜査しており、奏は捜査を手伝わされることに。親友が絡む事件は思わぬ方向に転がり…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 嘘つき探偵・椎名誠十郎

彼女は戦争妖精3

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉3』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★☆

彼女は戦争妖精3
彼女は戦争妖精3【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精2 | 晴れたら読書を

2009年5月刊。
巻を重ねるごとにどんどん面白くなってきますね、このシリーズ!
しかしほんとにフレンチトーストの飯テロラノベですね。フレンチトーストはフランスにないってマジですか。
色々情報が明かされていっているのに(フレンチトーストのことではない)、謎はますます深まるばかり。その中でブレない伊織が格好良すぎます( ´ ▽ ` )

☆あらすじ☆
「コイツら食っちゃっていいの?」伊織とクリスの前に現われた制服姿の美少女・ルテティア。クリスをさらった彼女は、逃げた先で伊織に携帯電話を投げて寄こす。その電話の相手はなんと、行方不明の叔父・頼通――! 同じ頃、母校を訪れていた薬子は、恩師であり伊織の父でもある康頼を訪ねてきた外国人の男女二人組を発見する。どうやら彼らは”楽園”に近づく何かを捜しているらしいのだが……。エキセントリック美少女と、さらなる謎に翻弄される第3巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精3