彼女は戦争妖精2


『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉2』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★☆☆

彼女は戦争妖精2
彼女は戦争妖精2【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精1 | 晴れたら読書を

クリス可愛すぎるんですが、このままメインヒロインなのかな?
味方が増えると同時に敵も増え・・・・・・まだまだ伏線設置段階といった感じです。

☆あらすじ☆
刹那の愛のため、少女たちは戦う。好調ミステリアスアクション第2巻!!
はた迷惑なクリスとの同棲にも慣れてきた伊織。今度は彼の元に学園憧れの”王子”、大路常葉が訪ねてきて、彼女の家に招待されてしまった!誘いを受け大路邸を訪れた伊織は、そこでクリスと同様、翼を持つ少女と出会う。“鞘の主”として同じスタンスの常葉の話を聞き安心する伊織だが、彼女が告げた「薬子先生を信用するな」という言葉に動揺する。一方常葉は付近で頻発していた通り魔事件に巻き込まれてしまいーーー

以下、ネタバレありの感想です。

 

キャラが色々と増えてきました。

 

前巻でちらりと話に出てきた、同じ学校に通うもうひとりの「鞘の主」大路常葉と、そのウォーライクのリリオーヌ
このふたりは完全に味方ってことでいいのでしょうか・・・・・・同時に薬子先生が怪しくなってしまいましたが(((゜Д゜;)))

 

薬子先生の狙いが気になります・・・・・・伊織たちと行動を共にしている理由は何だろう。「収穫」のため?
途中で出てきた意味深な男性の存在も関係しているんでしょうか。

 

薬子先生はともかく、常葉はこれからも伊織と一緒に戦うのかな?
王子様キャラにみせかけての乙女はなかなか良いギャップでしたが、それ以上に高潔さと嫉妬に狂っている彼女の姿が印象的でした。リリオも可愛かったしこのふたりにはこれから伊織・クリス組と協力しつつますます活躍して欲しいですね!

 

個人的に気になったのは健二マラハイド
ホスト風でチャラ男みたいなのに「まーちゃん」呼び・・・・・これは!良キャラの予感!!

 

健二たちの背後にいる存在も気になります。
男爵とかラ・ベルとか。

 

今回の通り魔戦で伊織&クリスが見せた謎の強さの秘密も重要そうです。
クリスは特別な存在?

 

うーん、まだ全貌がまるで見えてこないですね。しかしじわじわと面白くなってきているので、とりあえず3巻早く読まなきゃ!

スポンサーリンク
 
0

「彼女は戦争妖精2」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。