彼女は戦争妖精2

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉2』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★☆☆

彼女は戦争妖精2
彼女は戦争妖精2【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精1 | 晴れたら読書を

クリス可愛すぎるんですが、このままメインヒロインなのかな?
味方が増えると同時に敵も増え・・・・・・まだまだ伏線設置段階といった感じです。

☆あらすじ☆
刹那の愛のため、少女たちは戦う。好調ミステリアスアクション第2巻!!
はた迷惑なクリスとの同棲にも慣れてきた伊織。今度は彼の元に学園憧れの”王子”、大路常葉が訪ねてきて、彼女の家に招待されてしまった!誘いを受け大路邸を訪れた伊織は、そこでクリスと同様、翼を持つ少女と出会う。“鞘の主”として同じスタンスの常葉の話を聞き安心する伊織だが、彼女が告げた「薬子先生を信用するな」という言葉に動揺する。一方常葉は付近で頻発していた通り魔事件に巻き込まれてしまいーーー

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精2

エルトゥールル帝国シリーズ1 囚われの歌姫 政変はウードの調べ

『囚われの歌姫 政変はウードの調べ』(貴嶋啓著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★★☆

囚われの歌姫 政変はウードの調べ エルトゥールル帝国 (講談社X文庫ホワイトハート)
囚われの歌姫 政変はウードの調べ エルトゥールル帝国 (講談社X文庫ホワイトハート)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

モデルはオスマン帝国という少女小説では珍しい舞台設定ですが、シンプルな世界観でとても読みやすいです。
最悪な出会いから始まる波乱に満ちた恋という読み応えのある内容も素晴らしく、物語の核にクーデターをもってくるところも面白い、良い少女小説でした。
ただ、この策略家系ヒーローは人によっては苦手かも?一目惚れゆえに恋に狂ったと考えると可愛いんですけどね(*´∀`)

☆あらすじ☆
この国の第二宰相の娘でありながら、義母と異母妹に虐げられて暮らすセルマは、まるで使用人のように扱われていた。そんな日々のなか、少年になりすまし、街の珈琲館で楽器ウードを弾くことだけが、彼女生き甲斐だった。ウードは、母の大切な形見なのだ。だが、いつものように屋敷を抜け出したある日のこと、珈琲館で出会った男に拉致され、乱暴に犯されそうに……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エルトゥールル帝国シリーズ1 囚われの歌姫 政変はウードの調べ