ポーション、わが身を助ける1

『ポーション、わが身を助ける 1』(岩船晶著/ヒーロー文庫)★★★☆☆

ポーション、わが身を助ける 1 (ヒーロー文庫)
ポーション、わが身を助ける 1 (ヒーロー文庫)

異世界召喚ものですが、少年向けレーベルには珍しく女の子が主人公。そしてバトル要素の薄い生産系日常ものです。
ゆるゆると主人公が商売で生計を立てていく姿が描かれていくのですが、そのちょっとのんびりとした雰囲気にホッとする作品でした。
ただ、もうちょっとヤマ場とオチが欲しかったですね。ラストもぶつ切りだったのは書籍化作品としては残念。

☆あらすじ☆
普通の女子高生・カエデは、獣人やエルフ、ドラゴンのいる異世界にスリップしてしまった。カエデは持っていたリュックサックに見覚えのない本があることに気がつく。本に書かれていたのはポーションの作り方だった。しかも「生成」と唱えるだけ。半信半疑だったカエデだが、試してみるとポーションが出来てしまった。異世界に放り出されたカエデにとって、それは生活を支える糧になった。出来たポーションが、結構な値で売れるからだ。いつか元の世界へ帰ることを望みながら、ポーションの支えもあって、異世界での生活を送るカエデ。とある一行との出会いから、生活は変わっていく。ドラゴンに遭遇したり、奴隷を買うことになったり…一人の女子高生の異世界での奮闘は続いていく―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ポーション、わが身を助ける1