宝石吐きのおんなのこ ちいさな宝石店のすこし不思議な日常

『宝石吐きのおんなのこ 〜ちいさな宝石店のすこし不思議な日常〜』(なみあと著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

最高だ!表紙が好みなら読んで損はない作品です。
「宝石吐き」というタイトルが不思議だったのですが、意味はそのままw そして、そんな体質を持つためにトラブルに遭いやすい女の子と、彼女を守る宝石店店主の青年のお話です。
疑似親子(兄妹)というか、こういう保護者的関係がどストライクすぎて萌え転がりました・・・・・・

☆あらすじ☆
第2回「なろうコン」からの追加書籍化タイトル。イラストは、イラストコンテスト「Crafe」の第5回から、「ぽにきゃんBOOKS賞」受賞者の景が担当。
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。–『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。従業員のクリューは、どこか言動の幼い、よく笑いよく怒る、栗色の髪の女の子。一方、店主のスプートニクは、嫌みっぽく口の悪い、そのくせ外見だけは無駄に良い意地悪な青年。そんなふたりが営む宝石店では、今日も穏やかに、賑やかに時間が過ぎていく。しかし、クリューにはある不思議な体質があった…–「宝石を吐きだす」体質。それはふたりだけの秘密。この体質のせいなのか、ふたりの日常は、ゴロツキやら警察局や魔法少女やら魔女協会やら…なんだか不思議な出来事に巻き込まれていく…。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル開演。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ ちいさな宝石店のすこし不思議な日常

落第騎士の英雄譚 零

『落第騎士の英雄譚〈キャバルリィ〉 零』(海空りく著/GA文庫)★★★☆☆

落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>零 (GA文庫)
落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>零 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
落第騎士の英雄譚〈キャバルリィ〉6 | 晴れたら読書を

アニメ化おめでとうございます!
落第騎士シリーズ初の短編集。ステラの変態度に磨きがかかっちゃって、これで大丈夫なのかヒロインw

☆あらすじ☆
「なによ、シズクばっかり構って!」稽古にかまけて相手してくれない一輝に拗ねたステラは、 加々美から渡されたゲームで日本文化を学ぶ!?
「ねえアリス、ちゃんと聞いてる?」一輝が学内予選に初勝利した夜、ステラに一輝の看病を 譲った珠雫が、アリスに語った想いとは?
ヒートアップするステラと珠雫の嫁姑対決、肝試しでカナタの意外な一面を知る一輝、そして西京寧音との修行で秘策を炸裂させるステラ。 さらには黒鉄一輝が破軍学園に入学する前の「落第騎士の英雄譚・エピソード0」を収録! GA文庫マガジン収録の2編もあわせ、6編の語られざるエピソードを 収録した、落第騎士の物語・登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 落第騎士の英雄譚 零