赤と黒の針騎士 茨に誓う彼の名は

『赤と黒の針騎士〈ナーリ・ナイツ〉 茨に誓う彼の名は』(永瀬さらさ著/角川ビーンズ文庫)★★☆☆☆

赤と黒の針騎士 茨に誓う彼の名は (角川ビーンズ文庫)
赤と黒の針騎士 茨に誓う彼の名は (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年5月刊。
「精霊歌士と夢見る野菜」シリーズでデビューした永瀬さらささんの2作目。預言を絶対的なものとする世界を舞台に、針姫と針騎士が逆境を乗り越えるというシリアスなファンタジーでした。
前作は結構好きなシリーズだったのですが、うーん、今作はちょっと私には合わなかったです。残念。

☆あらすじ☆
決して外れることのない預言に支えられるノルン王国。第一王女ジゼラは「恋した相手と結ばれない」という預言に縛られている。だが、一騎当千の力を授かる“針騎士”を叙任できる唯一人として、国中の男達から狙われることに。武将“赤の針騎士”兼執事のソールに守られながら、知将“黒の針騎士”を探すジゼラだったが、自分の命を救った正体不明の武器商人オルスを選んでしまい…!?恋の宿命に逆らう最凶主従、始動―!!

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブな意見なので閲覧注意。

続きを読む 赤と黒の針騎士 茨に誓う彼の名は

花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち

『花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
花神遊戯伝10 ちとせに遊べ、この花世界 | 晴れたら読書を

後日談短編とWEB連載や特典ペーパー等の掌編を盛り込んだ豪華な外伝集です。
なんだろう・・・・・・この切なさで胸が詰まる感じ。とても糖度が高くてニヤニヤするのに、同時に泣きたくて仕方なくなるこの感じ。
はぁ。大好きなシリーズが終わってしまったことへの喪失感と充実感で感無量です。

☆あらすじ☆
のさらの地へ向かう知夏と胡汀。その道中、結婚を意味する「ほぎの儀」をあげながら進むことに。戸惑う知夏に胡汀は甘く囁いて――?(「日々に想う」)知夏たちの未来と隠された過去が明かされる、珠玉の短編集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち