モーテ2 死を謳う楽園の子


『モーテ 死を謳う楽園の子』(縹けいか著/MF文庫J)★★★★☆

モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)
モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
モーテ1 水葬の少女 | 晴れたら読書を

まさか続きは出るとは思わなかった「モーテ」の第2巻。1巻の登場人物達もがっつり出ていますが、おそらくこれから読んでも問題なく楽しめると思います(でも1巻も完成度高くて素晴らしいのでぜひ読んで欲しい)
10代の少年少女を自殺に追いやる謎の奇病「モーテ」。そんな恐ろしい病を前に、人はどう生きてどう死ぬのか・・・・・・今回も色々と考えさせられるところの多い作品となっていました。素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
遺伝子の罠――数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。小説家志望の青年・ダンテは、モーテを患う子らを収容するホテル・グラティアでアルバイトとして働くことになる。どんなに不穏で陰湿な場所かと不安を感じていたが、そこで出逢ったのは天真爛漫な少女・アミヤだった。グラティアで暮らすモーテの子らは皆前向きで、死を予感させるようなこともなく、平穏な日々を送っていた。しかし、安寧の日々は一瞬にして崩れ去る――ある少女の自殺によって。しかもその自殺には不審な点が多く、ダンテは真相を追及し始める。果たしてそれはモーテによる症状か、陰惨な他殺か、それとも……? モーテの子らが望む“命の使い道”とは――?

以下、ネタバレありの感想です。

 

2巻の主人公はローマの大学生ダンテ
小説のネタを探すためモーテの子どもたちが収容されているという「グラティア」という施設でアルバイトすることなったダンテは、そこで明るい笑顔で楽しそうに過ごすモーテの子ども達に出会います。
ダンテの意気込みとは裏腹に幸せそうなグラティアの生活。しかしそれがどれだけ脆く尊いものなのかが、物語が進むにつれて徐々に明らかになっていくのです

 

モーテのひとりであるジルの転落死の真相を探るなかで、重要なキーワードとなるのは「命の使い道」
いつか死ぬ、それも自分が自分を殺すと言う恐ろしさの中で生きるモーテたち。そんな彼らだからこそ限りある「命」をどう使うべきなのか懸命に考えるのかもしれないですね。本当は命の長短はあれど、いずれ死ぬ誰もが考えるべきことなのかもしれないですが・・・・・・。

自殺が運命づけられているモーテだからなのか、それともモーテがそういう子どもを選んでいるのか、ジルもパヴェルも「命の使い道」があまりにも献身的(というか自己犠牲的)すぎて胸が痛くなりました。
ジルの死の真相は、当初思っていたものとはあまりにも違いすぎて、彼女の純愛の美しさに目がくらむばかり。人はここまで自分を犠牲にすることができるのでしょうか。モーテだから、という理由では語りきれない潔い愛に震えました。いえ、正直言うとちょっとゾッとしました。ここまでくると、彼女は人間じゃなくて天使とか何かそういうものなんじゃないかと思わずにいられないです。モーテだから献身的なのか献身的だからモーテなのか。

後味が良いんだか悪いんだか微妙なところですが、心に強く残る純愛の物語でした。素晴らしい。

 

それはそうと、1巻の登場人物もかなり出てきた第2巻。

真っ先にアミヤが出てきてホッとしました。前巻では彼女がどうなったのかわからないままでしたしね。トラウマは抱えていても今は元気に過ごしているようだしもう大丈夫かな・・・・・・。とか。思っちゃったのにナー。

 

アミヤだけでなくアランが出てきたのにはビックリしました。
1巻の事件を引き起こしたアランですが、彼なりに罪の意識を抱えて生きているんだと知ってなんだか複雑な気持ちになってしまいました。アランも別に悪人だったわけではないですしね。グラティアでのアランの様子や、終盤で街へダンテを送っていった時の会話とかみてると、ちょっと捻くれてて素直じゃないけど根は良い子なんだって伝わってきますし。
うーん、彼にも救いがあるといいんですけどラストがかなり不穏。まだ偽マノンに囚われているのか・・・・・・。

 

アミヤやアランに加え、1巻主人公のドゥドゥ&マノンのカップルも再登場。
色々大変そうではありますが、幸せそうでなにより。もう1巻のあれ以上の悲劇が彼らを襲わないことを祈るしかないです。それにしてもドゥドゥは安定の癒しドクロっぷり。誘拐犯や不審者に間違われようとマノンと一緒だから問題なしですね!

 

そんな1巻キャラたちのその後も見ることができたし、メインストーリーは綺麗に終わったし、「モーテ」は2巻もすごく良かったなぁ・・・・・・と思ったところであのラストですよ。
わかってたけどさ。アミヤは元気で明るくてちょっとダンテと良い雰囲気で、だけど彼女はあくまで「モーテ」なんだってことはわかってたけど!
でもあんなところで終わるなんてひどいじゃないですか・・・・・・
3巻はいつですか!?(´;ω;`)

モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)
縹けいか,カズキヨネKADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 14402Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。