さびしがりやのロリフェラトゥ

『さびしがりやのロリフェラトゥ』(さがら総著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

さびしがりやのロリフェラトゥ (ガガガ文庫)
さびしがりやのロリフェラトゥ (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

さびしがりの吸血鬼をめぐる群像劇。
なんとも不思議な味わいの作品でした。主観と主観は共有できないよねっていうのは、渡航さんと共著した「クズと金貨のクオリディア」に通じるものがあったかな。

☆あらすじ☆
「変猫」のさがら総が贈る、新青春エンタ!ぼくらの学校には、血を吸いつくす吸血姫がいる――。クラスメイトたちのあいだでまことしやかに囁かれる噂は、真実だった。理想と現実のバランスに苦悩する高校生作家、常盤桃香は深夜の旧校舎で怪異と出会い、風変わりな姫とおかしな会話を紡ぐことになる。「汝、無礼である。如何なる理由でここを訪れるか?」「おでんを作ったので」「……おでん?」「こんにゃくもあります!」「……こんにゃく?」けれど、ふたりの奇妙な友情は、死体の出現をもって終わりを告げた。常識人的いじめっ子、自爆系宇宙ロボット、そして“正義の味方の敵”のぼく。優雅なる吸血姫を取り巻く人間関係は多角的に入り組んで、表と裏が混じりあい、複雑怪奇な青春群像劇を織り成していく。「だれもが静かに平和に暮らすだけの話を書きたかった」「いいかな? だれもそんな話は読みたくないんだ」――これはぼくたちの悩みを笑い飛ばす物語だ。そして、ハッピーエンドになるべき物語だった。『変態王子と笑わない猫。』のさがら総が挑む、新機軸の黄昏ロリポップ! 誰にも先が読めない青春ミステリアスコメディ、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さびしがりやのロリフェラトゥ

双界幻幽伝14 目覚めは晴天霹靂!

『双界幻幽伝 目覚めは晴天霹靂!』(木村千世著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

双界幻幽伝 目覚めは青天霹靂! (ビーズログ文庫)
双界幻幽伝 目覚めは青天霹靂! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
双界幻幽伝13 祝祭は不倶戴天! | 晴れたら読書を

なんだ今回の構成は!w
本編は全体の半分ちょっとくらいかな・・・・・・漫画と短編(?)が入っているので、ファンブック的な感じですけど、でも本編のストーリーも進んでるし。
本編はゆっくりながらも面白くなってきているので、先がとても気になります!

☆あらすじ☆
皇帝まで巻き込んだ≪醒教≫の陰謀事件がひと段落。ようやく平和にいちゃこらできる(!?)と意気込む未来の将軍サマ・蒼刻と、それに引きずられてるんだか後ろ向きに積極的なのか?の、引きこもり公主・朧月だが──!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 双界幻幽伝14 目覚めは晴天霹靂!