なりゆき斎王の入内4 その想い、ひとかたならず


『なりゆき斎王の入内 〜その想い、ひとかたならず〜』(小田菜摘著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

なりゆき斎王の入内 -その想い、ひとかたならず- (ビーズログ文庫)
なりゆき斎王の入内 -その想い、ひとかたならず- (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
なりゆき斎王の入内3 この恋路、乱れがはしき | 晴れたら読書を

前巻の不穏な幕引きに続く熊野編の後編。
事件そのものについてはちょっと淡々と進みすぎかな?と思ったものの、糖度は丁度よかったです。ていうか、今回の挿絵ハグとキスばっかだった気がするまである。

☆あらすじ☆
本音をぶつけ合い、ようやく想いを伝えることができた塔子と東宮・明槻。ところが、塔子をかばって叔父の貴哉が大怪我を負ってしまう!!容体が落ち着くまで熊野に残りたいと訴えるけれど、なんと明槻はその申し出を拒否!東宮妃候補という立場上わかっていたことではあるが、塔子は衝撃を隠せない。そんななか、都から突然、塔子の天敵・左近衛大将が訪れ…!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

貴哉重傷から始まるシリーズ第4巻。

 

事件の真相については、別当狙いと見せかけて実は・・・・・・という。
大納言側主従のグダグダな命令に巻き込まれて、貴哉さんは本当に貧乏くじでしたね。
しかも瀕死の重傷なのにみんなやたら会いに来るし、病室(?)で会議始めるし、もう寝かせてあげてーーっ!てすごく思いましたw
挙げ句の果てには2カップルのラブシーンが面前で繰り広げられるという・・・・・・姪と幼馴染み・・・・・・ほんと良い迷惑です。
今回、キスとハグのシーンが多かったのですが、最後に出てきた熊と百合に全部持って行かれた感があります。範康は悪太郎とか呼ばれてるくせに妻帯者なのかよ!しかも子持ち。

 

左近衛大将が出てきたことで事件は解決方向にいったものの、終盤はちょっと駆け足なうえに概要だけしか書いていなくて盛り上がりに欠けてしまった印象。
うーん。もう一度左近衛大将と対決してほしかった気がしますけど、シリーズがまだ続くならおそらく彼がラスボスになるのだろうし、対決は次回以降に持ち越しなのかも。

 

それはともかく糖度は絶好調。
晴れて両想いになったことで明槻に余裕が出てきたようです。ぐぬぬしてる明槻が結構好きだったからちょっと寂しくも感じてしまいました。いや、やっぱりぐぬぬしてたけど。
敵ばかりの明槻と塔子ですから、ふたりの絆をここらへんで固めていくのはいいのかもしれません。

 

熊野編も無事に終わり、次は宮中に舞台を戻すのかな。
明槻の異母兄弟と対決する方向にいくのでしょうか。

 

雰囲気的に5巻は出そうなんですが、ここ1、2年でスタートしたシリーズで5巻までいけたものって何作あるんだろう。
3巻完結が増えている中、ぜひ頑張って欲しいシリーズです。

なりゆき斎王の入内 -その想い、ひとかたならず- (ビーズログ文庫)なりゆき斎王の入内 -その想い、ひとかたならず- (ビーズログ文庫)
小田 菜摘,凪 かすみKADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング : 1172Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。