終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 

『終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅』(鏡貴也著/講談社ラノベ文庫)★★★☆☆

終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年4月刊。
祝アニメ化!なかなかのクオリティで毎週視聴が楽しみです。
アニメ化するのは漫画版の「終わりのセラフ」なのですが、前日譚であるこちらは漫画版とのリンクもどんどん大きくなってきました。
もはや「単独で楽しめます」というのは無理があるのでは・・・・・・どちらも読んでる私からすると超楽しめてますけども。
今回は謎をさらに勢いよくばらまくタメの回という印象。確定事項なタイムリミットが迫り、この前日譚にもそろそろ終わりが見えてきました。

☆あらすじ☆
世界が滅亡する、まさにその直前の、物語――。終わりの天使計画――真昼が残した手紙に記載されたそれは、≪百夜教≫によって行われている、忌まわしい実験の記録。『帝の鬼』ですらつかんでいないその実験は、世界を破滅へと向かわせるものだった。その情報をグレンに渡した真昼の意図は、そして「あなたと心中はしてあげられない。私はあなたに、未来を託すから」と心中しようとしたグレンに、真昼が言った言葉の意味は――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅