ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7


『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか6 | 晴れたら読書を

アニメ好評放映中!
ほんとに好評ですね。主にヘスティアの紐が!!あの形でブーム作れるって予想出来た人いるんだろうか。
原作の売れ行きも好調らしく、この最新7巻は売り切れ続出だとか。今年の覇権ラノベはダンまちに決まりかな!?
その第7巻。あとがきに「劇場版みたい」と書いてありましたがまさにその通りという感じ。舞台は夜の歓楽街。ヒロインは娼婦!

☆あらすじ☆
TVアニメ4月より放送スタート!大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、最強ダンジョンファンタジー、第七弾!
新生【ヘスティア・ファミリア】始動!『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、
「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」
命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。
「私はこの歓楽街に買われた身です」
そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。
『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』
これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

 

ベルくん、やっぱりレベル3になってたか。早いナー。

 

リリ、ヴェルフ、命がファミリア入りし、新しい拠点も手に入れ順風満帆に動き出した【ヘスティア・ファミリア】。
これで入団希望者もわんさかやってきて家族も増えるね!っていうところで水を差したのは、「ヘスティア・ナイフ」の借金
金額初めて出ましたよね?た、高い・・・・・・(((゜Д゜;)))
主神の抱える爆弾がバレちゃって団員集めは振り出し・・・・・・というのがまたこのファミリアらしいというかなんというかw
まぁ、そんなに一気に大所帯になるとは思えなかったし、ゆっくり仲間集めしていってほしいものです。

 

そんな感じで始まった第7巻の舞台はオラリオの歓楽街
娼館が軒を連ねる、日本で言うところの花街ってやつですか。日本の花街のイメージよりだいぶ肉食めいてますけど。

美神イシュタルが治めるその夜の街で、ベルは、狐人の娼婦・春姫と出会います。
命の知己だという春姫の窮状を知り何とかしてやりたいと思いつつも、「家族」を抱えるベルたちはもはや安易に【イシュタル・ファミリア】と事をかまえることはできない。
ベルが板挟みの葛藤に苦しむ一方、怨敵フレイヤへの嫌がらせ目的でイシュタルがベルに目をつけてしまう・・・・・・というのが今回のメインストーリーです。

 

【イシュタル・ファミリア】怖い・・・・・・
バトル娼婦怖い・・・・・・
ヒキガエル怖い・・・・・・

 

でも一番怖いのはフレイヤ様だよね!っていう話。うん。知ってた。

【フレイヤ・ファミリア】のオッタル、レベル7とか。そんなレベルの人いたんですか。てっきりレベル6が最高位だと思ってました。
さすがに【ロキ・ファミリア】と肩を並べる有力ファミリアなだけに団員の質が桁違いです(;・∀・)

 

ベルを巡る熾烈な美神対決の横で、ちゃっかりヒロイン交代!?
今回アイズどこかに出てきましたっけ!?ヘスティアも影が薄い・・・・・・(´Д`;)
今回に限って言えばヒロインは春姫。苦界を生きる姫を救う英雄譚という熱い物語でした。
1巻限りのヒロインとかまるで劇場版だなぁとか思っていたら、そのままファミリア入りしてびっくりですw
彼女のスキルってかなりずるいと思うんですけど、まぁアイシャ戦を見る感じベルが春姫のスキルを使って強敵突破という展開はあまりなさそう?

 

そして命をファミリアの仲間として馴染ませる回でもあったのだと思います。
彼女はどうしても【タケミカヅチ・ファミリア】からのお客さんというイメージがあったのですが、今回はベルとコンビを組んで行動することで、ようやく同じ眷属の仲間として私の中でもすんなりと落ち着くことができました。
命のくノ一スタイル良かったです。今後も忍者な活躍をするのでしょうか。

 

今回もとても面白かったです。
来月が外伝4巻で、再来月が本編8巻の予定だとのこと。アニメ放映時期に合わせているにしても凄い刊行スケジュールですね。楽しみです!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)
大森 藤ノ,ヤスダ スズヒトSBクリエイティブ
売り上げランキング : 49Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
1

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。