ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか6 | 晴れたら読書を

アニメ好評放映中!
ほんとに好評ですね。主にヘスティアの紐が!!あの形でブーム作れるって予想出来た人いるんだろうか。
原作の売れ行きも好調らしく、この最新7巻は売り切れ続出だとか。今年の覇権ラノベはダンまちに決まりかな!?
その第7巻。あとがきに「劇場版みたい」と書いてありましたがまさにその通りという感じ。舞台は夜の歓楽街。ヒロインは娼婦!

☆あらすじ☆
TVアニメ4月より放送スタート!大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、最強ダンジョンファンタジー、第七弾!
新生【ヘスティア・ファミリア】始動!『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、
「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」
命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。
「私はこの歓楽街に買われた身です」
そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。
『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』
これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7

わけあり商人の皇宮録 後宮は王子様だらけの楽園でした!?

『わけあり商人の皇宮録 〜後宮は王子様だらけの楽園でした!?〜』(九月文著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

わけあり商人の皇宮録 ~後宮は王子様だらけの楽園でした!?~ (ビーズログ文庫)
わけあり商人の皇宮録 ~後宮は王子様だらけの楽園でした!?~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

ビーンズ文庫でデビューした九月文さんのビーズログ文庫でのデビュー作。
アラビアンな世界観で、やり手の商人の娘が行方不明の父親を探すために後宮へ乗り込むお話です。秘密の男装潜入ものかと思っていたのですが、そういうものではなく王子様たちに素性を明かしながら捜査に協力してもらう話でした。
この1冊でも話は綺麗に纏まっていますが、伏線的にこれから更に面白くなりそう。続刊が楽しみです!

☆あらすじ☆
皇宮商人の娘マィヤは、帝都一の大店を目指し御曹司アティルとして商談に励む日々。店の後継者と目される先輩商人サフィードに「女だという自覚を持て」と叱られながらも少年姿で店先に立つマィヤの元に、父が皇宮で行方不明との報せが!!父を捜しにアティルとして潜り込むとそこにいたのは煌びやかな王子様ばかり??えっ、“女帝陛下の後宮”ってどういうこと!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む わけあり商人の皇宮録 後宮は王子様だらけの楽園でした!?