ようこそ黒椿屋へ! 根暗男子にフラれたんですけど


『ようこそ黒椿屋へ! 〜根暗男子にフラれたんですけど〜』(妙見さゆり著/ビーズログ文庫アリス)★★★☆☆

ようこそ黒椿屋へ! -根暗男子にフラれたんですけど- (ビーズログ文庫アリス)
ようこそ黒椿屋へ! -根暗男子にフラれたんですけど- (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

第16回えんため大賞ガールズノベルズ部門特別賞受賞作。
そして新創刊のビーズログ文庫アリス創刊ラインナップの1作です。アリスの方向性的にはティーンズをターゲットにしたMW文庫みたいな感じなのでしょうか。
第一弾となる本作はあやかしファンタジー+学園ラブコメ。
主人公のキャラがとにかく立っていて読んでいて楽しかったです。
外面天使と根暗コーヒーゼリーがこれからどうなっていくのか気になるので、ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
フラれた腹いせに呪った相手は……○×△でした!?
学内1の美少女・五條胡桃がフラれた。しかも、学内1の地味男・月瀬柊夜に。復讐を誓い、密かに彼を呪い&つきまとい始めた胡桃。……そう、彼女は中身が残念な外面天使だった!そんな折、校内で起きた怪事件をきかっけに、胡桃は柊夜の“もう1つの顔”を知ってしまい――!? 「さぁ、おいで。俺が欲しいんだろ?」え?この色気垂れ流し男があの柊夜!???胡桃のドッキドキ▼裏表Daysスタート☆

以下、ネタバレありの感想です。

 

成り行きで告白した「根暗コーヒーゼリー」月瀬柊夜にそっけなくフラれてしまった美少女五條胡桃
逆恨みの結果、呪いのプレゼントを贈りまくっていたところ、それが原因でクラスメイトの転落事件の犯人として柊夜が疑われてしまい、胡桃は柊夜の無実を晴らすために証拠を求めて夜の学校に忍び込みます。そこで胡桃は柊夜の相棒の妖狐・銀太と出会い、あやかし絡みの事態に巻き込まれていく中で柊夜の「夜の顔」を知っていく・・・・・・というのが本作の大まかなストーリー。

 

ページ数が比較的少なめなのですが、サクサクと展開していく読みやすい物語だと思います。
望愛の転落事件ついてはかなりストレートな形で真相が明かされていきました。美少女って大変だなぁ。
それにしても、妖怪が取り憑いたことで道を外してしまうっていう展開が最近よく見かけますね(昔からか)。

 

事件の後始末で校長や先生にあやかしのことバラしたの大丈夫なのかな?記憶は徐々に消えてくってことでしょうか。

 

本作で秀逸だったのは胡桃のキャラ。
お人形さんみたいな敬語美少女と思わせて、本性は関西弁炸裂でおばちゃん気質な外面天使!
なんというエセ美少女。序盤から暴走し放題の胡桃は読んでて楽しかったです。「呪」のパラパラ漫画にツボったww
彼女がなぜ外面を作るようになったのかは明かされませんでしたし(ちやほやしてくれて便利だからって理由だけ?)、なぜ関西弁なのかもよくわかりませんでしたが、そこらへんは続刊が出れば分かるのでしょうか。もう少し胡桃を掘り下げていってほしいですね。

 

そしてそんな胡桃をさくっとフッたにも関わらず、彼女に振り回されてしまう柊夜。
あやかし相手に色仕掛けするヒーローって初めて見た。こちらもキャラが立ってて面白かったです。
あと胡桃の天然タラシな発言に照れる柊夜が可愛かったのでもっとください!(胡桃は胡桃で柊夜の天然タラシ発言にやられてましたけど)

 

今回の事件を通して晴れて「黒椿屋骨董店」に招かれた胡桃ですが、今後もシリーズが続くなら柊夜と一緒にあやかし絡みの事件に巻き込まれていくのでしょう。見たい!

 

胡桃と柊夜がどうなるのかも気になるなぁ。ふたりともあざといくせに純情という似たものカップルなのでたっぷりニヤニヤできそうです。
銀太が三角関係に入りそうな雰囲気ですが、割り込めなさそう。彼にはふたりの前でしっぽ振り振りしながらわんこ可愛いキャラでいてほしいww

 

ぜひシリーズ化してほしい新作でした。続刊に期待!

ようこそ黒椿屋へ! -根暗男子にフラれたんですけど- (ビーズログ文庫アリス)ようこそ黒椿屋へ! -根暗男子にフラれたんですけど- (ビーズログ文庫アリス)
妙見 さゆり,ウダジョKADOKAWA/エンターブレイン 2015-04-15
売り上げランキング : 6510Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。