ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?7


『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7』(聴猫芝居著/電撃文庫)★★★★☆

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?6 | 晴れたら読書を

安定して面白いです。今回は猫姫さんのターン。
いつものギルドメンバーの関係にもちょっとだけ変化があったりなかったり?

☆あらすじ☆
もう滅茶苦茶のクリスマスを乗り越え、やっと来ましたお正月。リアルではやっぱり衣装に全ステ振りの残念美少女・亜子をはじめ、ネトゲ部員の着物姿にほっこり一息。一方、ネトゲ内では――新春記念・猫姫王国新年会が開催されていた。そこでルシアンとアコが見たのは、もはや握手会まで発生してアイドル(笑)扱いの猫姫様。大丈夫かコレ……という不安が的中、ぶちキレた猫姫は全王国民を絶望のどん底へ突き落とす一言を放った!
「何が……何が王国にゃああああああああああ!」
結婚してギルド引退にゃ、という猫姫をめぐり、ネトゲ部も参戦する大争奪戦が勃発! しかも、なぜか対抗して突如リアル婚活を始めたマスターの無駄な行動力が、輪をかけてアレな騒動を引き起こす……!? 残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、婚活×バトルの第7弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

個人的に前巻でクライマックス感のあったシリーズですが、何事もなかったように続きました。
このぬるい感じ、読んでてなんか安心感がありますw

 

今回はいい加減アイドル(笑)に疲れてきた猫姫さんの引退宣言からの結婚相手争奪大会、そしてギルマスの婚活という内容。

女子高生で婚活とか・・・・・・別にギルマスみたいなJKじゃなくてもなんだかんだ街コン(この場合オタ婚活)では敬遠されそうです。犯罪臭やばい。
ルシアンとアコのラブラブっぷりに感化されてしまったギルマスはおいといて、猫姫さんは結婚願望ないのかな?なんか欲しい的なこと言ってませんでしたっけ?記憶違いかな。ネトゲの時間減りますもんね・・・・・・自分の時間は大切だ・・・・・・(白目)

 

ネトゲ部解散危機をほのめかしつつ、蓋を開けたらいつも通りのネトゲ三昧でしたw
ほんと楽しそうだなぁー。

 

今回ちょっと考えたのは「透明なライン」の話。
プライベートに安易に踏み込まない関係というのはネトゲに限らず、ネット上の付き合いでは暗黙のルールですから私にも色々と思うところのあるエピソードでした。「壁」じゃなくて「線」という表現がすごくしっくり。
踏み越えるのは簡単でも皆が守る透明なラインがあるからこそ、SNSやネトゲなどのネット上では気楽な関係が築けるものです。
でも、ルシアンたちのように実際にリアルで一緒に過ごす彼らがそのラインにこだわるのは健全じゃない。ラインを守らなくていいってことじゃなくて、踏み出すタイミングと範囲について真剣に見極めることが「人と向き合う」ってことなんでしょう。これは高校生に限らず言えることだし、私も気をつけよう。

それをしっかり教える猫姫先生はやっぱり良い先生なんだよなぁ。

 

それはそうと、今回はルシアンとアコの影が薄かったような!?
「リアルとネトゲの区別をつける」っていう初期の目標が前巻である程度達成したからか、ラブラブ夫婦から熟年夫婦のような状態になってるんですが・・・・・・糖分が足りないぞ!もっといちゃつけ!

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7 (電撃文庫)ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7 (電撃文庫)
聴猫芝居,HisasiKADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 78Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。