百錬の覇王と聖約の戦乙女2


『百錬の覇王と聖約の戦乙女〈ヴァルキュリア〉2』(鷹山誠一)★★★★☆

百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫)
百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫)

前巻の感想はこちらから
百錬の覇王と聖約の戦乙女1 | 晴れたら読書を

順調に面白くなっていますね!
現代の知識を駆使して古代世界で戦争をするファンタジー戦記の第2巻。現代知識というより三国志?な感じですが、今回は強敵登場でより面白い駆け引きが見れて満足です。

☆あらすじ☆
“蹄”の宗主ユングヴィを打ち破ったことで大陸中に衝撃を与えた勇斗。リネーアから結婚の申し込みをされるも、現代に残してきた美月を想い困惑を隠せない。そんな折、“雷”の若き宗主“虎心王”ステインソールが祝勝式典に突如現れ、勇斗と一触即発の状況に。再び戦の気配が迫る中、弟国“爪”の双子の姫君まで妻にしてくれと押しかけてきて…!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

新キャラ続々投入。
まずは「爪」の双子姫アルベルティーナクリスティーナが登場。
また嫁候補増えるの?と思ったのですが、意外にクセ者キャラで楽しかったです。
ヒロインが増えると既出のヒロインの出番が減るものですが、ユグドラシル側のヒロインたちにはちゃんとそれぞれ見せ場があって安心しましたw
特にリネーアは消え去るんじゃ・・・・・・とか思ってただけに、意外な大活躍で驚きです。

 

まぁ、その分、正妻(たぶん)の美月の出番は減るんですけどね・・・・・・いやでも勇斗は美月に操を立ててるし(?)、まだ大丈夫。うん。
もっと美月の出番増えないかなー?(´・ω・`)

 

新キャラといえばスカーヴィルが結構好みなキャラでした。
露悪的な振る舞いと確かな実力を見せつける武将っぷりが渋格好いい。この人いるならジークルーネ最強じゃなくない?と思ったら、称号を譲っただけなんですね。暗部を担うキャラというのもまた好み・・・・・・w

 

そして今回のメインは虎心王ステインソール率いる《雷》との戦争
ステインソール強すぎないですか?エインヘリアル7人がかりでも倒せないとか・・・・・・
三国志(というか中国史?)の戦略を流用して戦争自体には勝てたものの、ステインソール自身を討ち取るのはなかなか難しそうですねぇ。これは陥落させて仲間にさせるパターンになるのでしょうか。
バトルマニアっぽいキャラが良かったし、彼が出てくるとエインヘリアルの力押しができなくなるのでより戦術的な部分が目立って面白くなりますね。
できればこのままライバル的ポジションにいてほしいところ。

 

さて、次回はついに過去編とのこと。
最初の2年間に何があったのか。楽しみです。

百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫)百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫)
鷹山誠一,ゆきさんホビージャパン
売り上げランキング : 5468Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。