百錬の覇王と聖約の戦乙女2

『百錬の覇王と聖約の戦乙女〈ヴァルキュリア〉2』(鷹山誠一)★★★★☆

百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫)
百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫)

前巻の感想はこちらから
百錬の覇王と聖約の戦乙女1 | 晴れたら読書を

順調に面白くなっていますね!
現代の知識を駆使して古代世界で戦争をするファンタジー戦記の第2巻。現代知識というより三国志?な感じですが、今回は強敵登場でより面白い駆け引きが見れて満足です。

☆あらすじ☆
“蹄”の宗主ユングヴィを打ち破ったことで大陸中に衝撃を与えた勇斗。リネーアから結婚の申し込みをされるも、現代に残してきた美月を想い困惑を隠せない。そんな折、“雷”の若き宗主“虎心王”ステインソールが祝勝式典に突如現れ、勇斗と一触即発の状況に。再び戦の気配が迫る中、弟国“爪”の双子の姫君まで妻にしてくれと押しかけてきて…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 百錬の覇王と聖約の戦乙女2