“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店2

『“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店2』(御堂彰彦著/電撃文庫)★★★☆☆

“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店2
“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店2

前巻の感想はこちらから
“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店1 | 晴れたら読書を

不思議な力を持つ「アンティーク」にまつわる事件を描くシリーズ第2弾。
今回も連作短編形式だったのですが、こ、怖かった・・・・・・特に3本め。
落として上げる4本目は良かったですね。超ニヤニヤしました。なんだこのふたり。なんなんだww

☆あらすじ☆
今日も閑古鳥が鳴く付喪堂骨董店。ごくまれにやって来る客も無愛想な少女のあやしい接客に回れ右をしてしまうのだ。だが、奇妙な事件だけはほっといても舞し込んでくる。不思議な力を宿した『アンティーク』を求める人たちは後を絶たないのだ。映した世界の音を消し去ってしまう鏡『明鏡』、被せるとまったく同じもう一人の自分が作れる仮面『マスカレード』―。一見すると便利なものでも使い方を誤れば大変なことになったりする。彼らは『アンティーク』に飛びつくのだが…。あなたならこの不思議な品をどう使いますか。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む “不思議”取り扱います 付喪堂骨董店2