棺姫のチャイカ12


『棺姫のチャイカⅫ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから
棺姫のチャイカ11 | 晴れたら読書を

本編は一応前巻で完結しているのですが、もうちょっと続く第12巻。
本編が良い感じに終わっていたので少し蛇足かな?と思っていたのですが、これまた良い感じに後日談となっていました。
ちなみに12巻の内訳は後日談の中編1本と、雑誌掲載の中編1本です。

☆あらすじ☆
ガズ皇帝との激戦後、消息不明となったトールとチャイカ。二人を探す旅に出たアカリと紅チャイカ。フェルビスト大陸に訪れた束の間の平和の中で、彼らは、彼女らは、どこで何をしているのか?そしてガズ皇帝亡き後も『チャイカ』という存在を警戒するジレット。いまだ明確な『終わり』が見えない中、ダチア子爵領で『ガズ帝国軍』―旧ガズ帝国の正統後継を名乗る少女を旗頭とした武装集団が現れ―。「我が名はチャイカ・ガズ」そう名乗った彼女のそばには、機杖を持った少女と黒衣の若者の姿が…。『チャイカ』サーガを締めくくる真のエンディング!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

最終章 棺姫の残影

ガズ皇帝との戦いの後、旧ガズ帝国領に現れた「ガズ帝国軍」とチャイカ・ガズを名乗る少女。そして彼女を守るルークとビエルイエ。
そしてガズ帝国軍を襲撃するために雇われたアカリとクラスナヤ。

前巻ラスト的に、トールと白チャイカは記憶喪失で、アカリたちはそんなトールたちを追っかけている途中だと思い込んでました。

 

騙された!!

 

まさか色々すっ飛ばしたその後の彼らだったとはw
トールたちとアカリたちの再会シーンをあえて書かないなんてね。これはこれで有りですが。

 

それにしても、新生ガズ帝国の皇帝かぁ。
ニートから一国一城の主に大出世とはトールなかなかやりおるw
皇帝ってことは後宮をもつわけで、紛うことなきハーレムエンドをやってのけましたね。そうなるだろうとは思っていましたが、ここまではっきり「全員娶る!」になるとは。
これはある意味アカリ大勝利なのでは(((゜Д゜;)))

 

そういえば、ビビとアルベリックの結婚にも笑いましたwなんだろう。分かってたんだけど予想外みたいな。

 

特別章 英雄の背中

ドラゴンマガジンで連載されていた中編です。
八英雄のひとり、弓聖グレンから遺体をもらう交換条件に彼の息子たちをボディガードする話。
軍人の父親と戦いを嫌悪する息子という関係は、いかにも戦後の世界観を象徴するようなものだったので、どうせなら本編でいれてほしかったエピソードかも?でも本編終盤が忙しかっただけに、トール、アカリ、白チャイカの3人という初期のちょっとのんびりとした雰囲気がとても懐かしい中編でした。

 

これでチャイカシリーズも本当におしまい。
榊先生の次回作も楽しみです。

棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)
榊 一郎,なまにくATKKADOKAWA/富士見書房
売り上げランキング : 1380Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。