魔弾の王と戦姫11


『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11』(川口士著/MF文庫J)★★★☆☆

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉10 | 晴れたら読書を

第3部スタート。新章の序章的な巻でしたが、面白くなりそうな雰囲気にワクワクします。

☆あらすじ☆
記憶を取り戻したティグルはジスタート王国にて新年を迎え、因縁浅からぬ戦姫たちと感動の再会を果たす。また、彼はジスタート王に謁見し、思い描く未来の甘さを指摘される。ブリューヌに戻ったときろで残してきた巨大な武勲が、決して彼を以前と同じままにはしておかない。王の言葉に、ティグルの胸中は大きく揺らぐ。一方、ブリューヌ王国ではレギン王女暗殺が企てられるも、未遂に終わる。だが、事件はそれで終わりではなかった。陰謀の背後に見え隠れしていた隣国ザクスタンが、剥き出しの野望をブリューヌに向ける。故国の窮地に、英雄となった若者はいま、再び大動乱にその身を投じようとしていた―最強美少女ファンタジー戦記、新章突入の第11弾!

以下、ネタバレありの感想です。

レギン王女暗殺未遂&宝剣デュランダル盗難事件から始まる第3部開幕。

 

冒頭からティグルを巡る戦姫ハーレムが繰り広げられてちょっと笑いましたw
ハーレムに絡んでティグルの結婚の話も結構出てきましたね。
玉座が視野に入ったことだし、なんかもうハーレムエンド待ったなしなニオイがするよー・・・・・・そしてティッタは愛妾か。可哀想だからやめてあげて(いや彼女的には望むところなのかな)。

 

というか、7人の戦姫(実質6人)のうち5人の心を掴んでる外国人貴族ってかなりマズイ存在な気がするんですけど・・・・・・。ジスタート王からすればティグルを帰すのはちょっとまずいんじゃ。
戦姫怖いから暗殺はしづらいにしても家臣にするのも怖いと思うんだけど・・・・・・。
ジスタート王が何を考えているのかいまいちよく分からないのが不穏ですね。

 

動きがよく分からないのは、ティグルが落としていない戦姫ヴァレンティナ。
すっぽんぽんノルマ達成には笑ってしまいましたが、彼女の目的がよくわからないのは不穏。丘砦の攻城戦で使者をしたときの二枚舌はどこまで本当のこと言ってるのかな??
ジスタート王からの云々は相手を騙す嘘なのか本気なのか結局謎でした(;・∀・)彼女の発言のせいでティグルが裏切者疑惑かけられそうでかなり不穏ですね。

 

第3部本編としては、このままブリューヌVSザクスタンがメインになるのでしょうか。他国も色々動いてるからもっと戦況が複雑化しそうでもありますが。
魔物や弓、竜具の謎について改めて戦姫で情報が共有されたことだし、そちらのほうもそろそろ動くのかな。

 

ラストに新たな戦姫も登場したことだし、次巻も楽しみです。

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 (MF文庫J)
川口 士,片桐 雛太,よし☆ヲKADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 36Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。