Re:ゼロから始める異世界生活6


『Re:ゼロから始める異世界生活6』(長月達平著/MF文庫J)★★★☆☆

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
Re:ゼロから始める異世界生活5 | 晴れたら読書を

ここ2巻ほどは本当に凄まじいヘイトの溜め方ですね・・・・・・。でも、やっと光明が見えてきた?

☆あらすじ☆
大罪司教ペテルギウスへの復讐を誓い、再び王都へ『死に戻り』したナツキ・スバル。魔女教を撃退し、エミリアを救うための協力者を求めて奔走するが、候補者たちはそんなスバルに未熟者の烙印を押し、取り合おうとしない。突き放され、たった一人になったスバルが全てを諦めたとき、運命の歯車が動き出す―!「俺は…っ!俺は、俺が大嫌いだよ!!」自分の弱さを嘆く叫びが響くとき、ナツキ・スバルの本当の異世界生活が始まる。大人気WEB小説、再起と反撃の第六幕。―ついに動き出す、最も新しい英雄譚。

以下、ネタバレありの感想です。

 

今までで最も行き詰まったループ。
憎悪に呑み込まれた主人公の痛々しさもあり、前半は読んでいて苦しくなるほどの閉塞感がありました。
スバルがどれだけ懸命に動いても、盲目的な彼自身の壮絶な空回りのせいで全く事態が改善しないという・・・・・・

 

前巻ラストの雰囲気的に3回目のループで解決は難しそうだとは思っていたのですが、まさかここまで壮絶なバッドエンドになるとは思いませんでした。
魔女教との対決がクライマックスと思いきや、まさか白鯨で殲滅されてしまうとは。しかも魔女の呪いの範囲も広がっちゃって。あああ。

 

いや、ちょっと、もう、これ以上は読むの辛いかなー・・・・・・

 

と、心が折れそうなところで始まる4度目のループ
まぁ逃亡を選択するのも無理はないかなぁと思ったのですが、全てから目を背けようとするスバルを引き留めるのはレム。

 

4巻あたりからずっと思ってたんですけど、なぜレムがメインヒロインじゃないんだ????
ホントに何で?こんなに健気で良い子が報われないことが切なすぎて、泣きそうです。

レムの説得によりスバルが再起する「ゼロから」は、聞くところによるとWEB版で屈指の人気を誇るエピソードだそうです。
確かにレムの真摯な愛は素晴らしいと思ったし、そこからタイトルにかけてゼロからやり直そうと立ち上がるスバルの姿にはホッとしました。
が、ちょっと事前の期待値が高すぎたのか、思っていたよりは感動が薄かったような(´・ω・`)何も前情報を入れないで読んだ方が素直に感動できたかもしれませんね・・・・・・うーんこういうのは難しいな。

 

それはともかくようやく負のループから脱しそうで良かった。
今回も面白かったですけど、そろそろ前向きな展開が欲しかったですからね。鬱展開が長くてちょっと疲れてきましたし。活路であるだろう交渉はいいところで終わってしまったのでメインは次巻かな。

 

3度のループで細々と出された情報も気になりますしね。次巻も期待。

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)
長月 達平,大塚 真一郎KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 503Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。