異世界魔法は遅れてる!3


『異世界魔法は遅れてる!3』(樋辻臥命著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

異世界魔法は遅れてる!3 オーバーラップ文庫
異世界魔法は遅れてる!3 オーバーラップ文庫

前巻の感想はこちらから
異世界魔法は遅れてる!2 | 晴れたら読書を

WEB小説の書籍化作品なのに3巻目にしてストックが潰えたとのこと。今巻から書き下ろし?
そのせいかどうかは分かりませんが、前巻までに比べると格段に読みやすく感じました。地の文の言葉に引っかからず物語に集中できるようになったというか。
ただ、ストーリー自体は前後編の前編ということでかなり中途半端なところで終わってしまいます。準備回的な感じなので盛り上がるのは下巻かな。

☆あらすじ☆
魔将・ラジャスをレフィールと共に倒した八鍵水明は、彼女を仲間に加えてネルフェリア帝国へ。無事に到着した二人はそれぞれの目的のために行動を開始するが、帝国では原因不明の昏睡事件が起こっていた。そんな中、水明は帝国十二優傑の魔法使いであるリリアナ・ザンダイクと出会い、さらにフェルメニア・スティングレイとも再会を果たす。図らずも事件を解決するはめになった水明は、八属性の中でも異質とされる闇属性の魔法と対峙することになり―。異世界魔法と現代魔術が交錯する異世界ファンタジー、闇が蠢く第3巻!

以下、ネタバレありの感想です。

 

!?!?

幼女が増えてる!!

 

第一の幼女は前巻のヒロイン・レフィール
彼女はこのまま幼女姿でいるわけではないようですが、精神年齢と肉体年齢の噛み合わずにぐぬぬってるところが可愛かったですw

そして第二の幼女はドワーフのジルベルト・グリガ
ジルベルトって男性名っぽいですね。合法ロリ。うーむ。

第三の幼女・リリアナが3巻のヒロインってことになるのでしょうか。
闇属性を使う彼女相手に水明は苦戦するわけですが、ここらへんはちょっとよくわからなかったです。呪い?カラクリは次巻明かされるのでしょうか。

第四の幼女は1巻のヒロイン・フェルメニア。やっと再登場です。
ん?フェルメニアっていくつだったっけ?
初登場時に比べるとどんどん幼児退行していってるのでもう幼女枠でいいのかもしれませんw

 

幼女のことばかり書いてしまいましたが(幼女の年齢ってどこまでなんだろう)、本題は別にあって、今回の水明は帝都を襲う謎の昏睡事件の解決に乗り出します。
この昏睡事件については真犯人だけ判明して次回に続くわけで、今のところまだ何とも言えない感じ。次巻次第ですね。
2人目の勇者エリオットはなんだか胡散臭いんですが、このひとホントに勇者なのかな。

 

正真正銘の勇者レイジ側も色々動いていますね。
ラジャス討伐がこんな形でレイジの功績になるとは驚きですが、ハドリアスの狙いは意味深なので気になります。

 

とりあえず3巻だけでは何とも言えないので、4巻を待ちたいと思います。

異世界魔法は遅れてる!3 オーバーラップ文庫異世界魔法は遅れてる!3 オーバーラップ文庫
樋辻臥命,himesuzオーバーラップ
売り上げランキング : 4408Amazonで詳しく見る by AZlink
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。