ひとりで生きるもん!2 およめ券のその後


『ひとりで生きるもん! およめ券のその後』(暁雪著/MF文庫J)★★★★☆

ひとりで生きるもん!2 およめ券のその後 (MF文庫J)
ひとりで生きるもん!2 およめ券のその後 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
ひとりで生きるもん! 〜粋がるぼっちと高嶺の花〜 | 晴れたら読書を

デビュー作とは思えない完成度を見せた「ひとりで生きるもん!」の続編です。
1巻の感想で「もしシリーズ化したら喜んで買う!」とは言ったものの、正直続編が出たら蛇足もいいところなのでは・・・・・・と不安だったのですが。
いざ読んでみたら、これは素晴らしいエピローグ。
ファンへのご褒美的な後日談の一冊となっていました。ちなみに2巻完結ですが、これ以上ないくらい綺麗に終わっています。
前巻もダダ甘注意だったのですが、今回はそれ以上に激甘注意です。めっちゃニヤニヤしたーーっ!!

☆あらすじ☆
最愛の彼女・湊千紗の言葉をきっかけに、自分が以前よりつまらなくなっていることを自覚した元ぼっち・織田慶人。彼は、千紗にふさわしい男になるため自分の将来を見つめ直す。そして、バイト先の先輩が所属する劇団で喜劇の脚本に挑戦することになったのだ。脚本が1本も採用されない中、夏休み日本に遊びに行くと千紗に告げられ…?これは人生と笑いをかけた、ひと夏の想い出―。元ぼっち×高嶺の花で贈る、「やっぱひとりじゃ生きられないよね」系ラブコメ!ふたりの未来に幸あれ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

かなりうまくまとめた前巻にどう続くのかと思っていたのですが、「恋人になった千紗と慶人のイチャラブ」と「慶人が真剣に将来について考える」という2本を軸にとした後日談といったところ。
まさにサブタイトルの通りなわけですね。

 

フランスから遊びに来た千紗との2週間は本当に甘甘でした( ´ ▽ ` )
空気中に砂糖混じってるんじゃないの?というくらい文面からにじみ出るラブラブ感が半端ない。
特にデート!もうなんなの!どんだけ可愛いの!慶人のくせにそつなくこなすとか!w

 

・・・・・・いや七海ちゃんが優秀なブレーンだったからですね。
ほんとなんなのあの小学生(((゜Д゜;)))

 

全然関係ない作品ですが電撃文庫の「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」に通じるラブラブバカップルぶりでした。
こういう、カップルがお互いのために行動する感じのラブコメはもっと増えてもいいと思うんだけどなー!⁽◝( •௰• )◜⁾⁾≡₍₍◞( •௰• )◟₎₎ŧ

 

千紗と慶人のイチャラブとは別に、今回は慶人が構成作家になるという夢を真剣に悩む話でもありました。これぞ青春小説。
不安定な職業への夢と、早く「およめ券」を使って千紗を迎えにいきたいという想いに迷い戸惑う姿がとても良い。彼は本当に誠実な少年ですね。
それを全力で信じサポートする千紗の良妻っぷりも素晴らしい。なんて出来たヨメ。

 

まぁ実際はもっと悩んで迷ってくじけて立ち直って、というのを繰り返して前に進んでいくのでしょうけど。
苦悩を抜けるには早すぎるような気もしましたが、1冊で纏めるのならこんなものかな、という感じ。
あんまりクヨクヨしてると千紗に怒られそうですしねw

 

とても良い後日談でした。
欲を言えば、前巻のように千紗と慶人が生み出した最高傑作の脚本を披露してほしかったです。ページの都合上無理だったのかな。

暁雪先生の次回作を楽しみに待っています(`・ω・´)ノ

ひとりで生きるもん!2 およめ券のその後 (MF文庫J)ひとりで生きるもん!2 およめ券のその後 (MF文庫J)
暁雪,へるるんKADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 2140

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。