絶深海のソラリス2


『絶深海のソラリスⅡ』(らきるち著/MF文庫J)★★★★☆

絶深海のソラリスII (MF文庫J)
絶深海のソラリスII (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
絶深海のソラリス1 | 晴れたら読書を

私はついこの間ひーひー泣きながら読み終わったばかりの「絶深海のソラリス」。その1年ぶりとなる続編です。
あのラストからどう続くのかと思いきや・・・・・・なるほどこうくるか。
ちなみにこの2巻を読む前に公式ブログでの特別SS「絶深海のソラリス1.5」を読むことをオススメします。
公式ブログではちょっと順番に読みづらいことになっていたので(タグ付けとかなかった)、各話のリンクを貼っておきますね!(自分のためにも)
→ 【01話】【02話】【03話】【04話】【05話(終)
1巻を読んだ後だと、「薔薇」にウルっときてしまいます・・・・・・。

☆あらすじ☆
《ランド・デイ》それは、上陸の日。そして、大海害と並ぶ人類史上最大の災悪が始まった日でもある。『大阪事件』以降その存在が明らかになった未知の危険深海生物アンダー。連邦海軍対アンダー専門の特殊部隊《CHAF》に所属するシャロン=ナイトレイは、深い海の底で死の危機に瀕していた。しかし、その時不意に声が聴こえる――「“最愛の妹”の死の真相を知りたくはないか?」と。シャロンを助けた謎の人物はさらに彼女に告げる。我々の任務は「“切り札”山城ミナトを確保すること」だと。【深海】×【絶望】戦慄の本格パニックノベル待望の第2巻。
「クロエが悲しむって、本当よ……ああ見えて、あの子とても心配性だから」

以下、ネタバレありの感想です。

 

絶望に次ぐ絶望のラストを迎えたあの悲劇から2年が経ち、物語はクロエの姉シャロンを中心に再び動き出します。

シャロンに共闘を申し出た「マザーグース」のコマキの口から、1巻の悲劇を引き起こしたのが何だったのかが明らかに。
前巻で怪しげな行動をしていたマザーグースやコマキの正体がわかってスッキリ。しかし告げられた現実はスッキリするどころか余計に暗鬱な気持ちにさせるようなものでした。

 

ちょっと鬱になりながらも、孤独に戦い続けてきたミナトや彼を傍で見守るアイシュを仲間に加えつつ、物語はさらに突き進んでいきます。

 

現在のミナトは痛々しすぎて、見ていて苦しかったです(´;ω;`)
ずっと自分を責め続けてやつれきった彼に、もはや1巻前半の軽快な雰囲気はかけらもなく。
シャロンへ心境をぶちまけるシーンは鬼気迫るものを感じました・・・・・・つらい。
それでも自分の復讐に希望が見えてきたためか、信頼できる仲間に少しずつ心を開いていったためか、終盤はちょっとだけ以前のミナトらしさを見せてくれたような。
今回はシャロンとアイシュに視点が固定されていたので、本当のところミナトが何を考えているのかはよく分からないんですけどね。

 

そして内心を秘めたミナトに代わり、2巻のメインキャラとして登場したシャロン。
可愛すぎです。可愛すぎる。クーデレ?クールなのか口数少ないだけの天然さんなのかはおいといて、ソラリスの女性キャラでダントツに可愛いです。高所恐怖症なところとかミナトへのキスを踏みとどまったのにあっさりコマキにファーストキスを奪われるうっかりさんなところとか、この萌えポイントを濃縮したようなヒロインは何なんですか。あれですね。やっとメインヒロインが登場したわけですね。エピローグとかミナトと超良い雰囲気でしたもんね。だがしかしミナトにはナツカへの想いに殉じて欲しいようなでもナツカは「大事な人作って」って最期に願ったわけだし(以下略)

 

シャロン可愛いが暴走しました・・・・・・すみません。
アイシュ?うん。がんばれ。ぽんこつ可愛くなって勝ち目薄そう。

 

後半は、前半に結成されたコマキ率いる急造チームが、「ファースト」を討伐するために敵研究所に潜入することに。
海底に沈む研究所へ少人数チームでの潜入とか、まさに1巻を思い起こさせるヒヤリとする展開です。

そして潜入早々明らかになる致命的な裏切り

 

ああきたもうやだ次は誰だよとビデオメッセージの段階で私は半泣きでした。仮に1巻より悲惨じゃなくても誰かは欠けてしまうだろう、と。

そして予想通りの展開が続くわけです。
ひとり、またひとり。激闘の果てに倒れる仲間達。
外から観戦している奴らが「じゃんけん」だの言い出したときには本気で殺意がわきました。

ゲームでも相性は大事だけど、それが最初から分かったら苦労はないんですよ!!

 

・・・・・・と思っていたらまさかのその通りの展開だった(((゜Д゜;)))
ミナトくん万能すぎるじゃないですかーー
全員死亡という1巻よりも最悪な結末に頭抱えた私の悲しみを返してください。いやでも良かった!ほんと良かった!!

JDが生き残るって予想できた人絶対いないでしょ!!

 

まさかソラリスの続編を読んで、してやったり感を味わえるとは思いませんでした。楽しいなw

 

それにしても、これ本当にどうやったら完全なハッピーエンドを迎えられるのでしょうか。敵があまりにも強大すぎるのですが・・・・・・(最後にさらに大きくなってるし)
いや、希望はあるんですよね。要するに「ファースト」であるイヴさえ倒してしまえばこれ以上ひどいことにはならないわけですから。
でもその後で残るアンダーの殲滅作戦をやるにも戦力が今のままじゃ足りないわけだし。うーん?

 

ともかく今回は窮地を脱して命をつないだわけですし、彼らの戦いはまだまだこれからです。
といっても2巻完結じゃないですよね?3巻出ますよね?お願いしますよ!

絶深海のソラリスII (MF文庫J)絶深海のソラリスII (MF文庫J)
らきるち,あさぎりKADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 6942Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。