闇の皇太子1 宿命の兄弟


『闇の皇太子 宿命の兄弟』(金沢有倖著/ビーズログ文庫アリス)★★★☆☆

闇の皇太子1 宿命の兄弟
闇の皇太子1 宿命の兄弟

ビーズログ文庫屈指のご長寿シリーズ(現在はビーズログ文庫アリスに移籍)ということで気にはなっていたものの、女の子成分が薄そうな雰囲気にちょっと敬遠し、電子書籍ストアで無料でもらったこの1巻も長らく積みっぱなしでした。
で、いざ読んでみるとコレが予想より面白い。
京都舞台で陰陽師好きホイホイな和製オカルト満載の物語。そして過度なほどに濃すぎるキャラクターたち。
すごく私好みなんだよなぁ。これで主人公が女の子だったら・・・・・・。
会ったばかりの弟に熱烈に愛されちゃうお兄ちゃんが主人公。ニアホモなのは知ってたけど、これだいぶBL寄りですね。
BLはあんまり得意じゃないので主人公の性別が悩ましいところですが、物語としては面白かったです。

☆あらすじ☆
「光があれば影もできる―この世を支えている“影=闇”の世界があるかもしれない」人好きされる后に紹介された、主神言という少年が告げた言葉。謎の言葉を不思議に思いつつ、なぜかとても懐いてくる言を京都案内していた后は、今まで目にしたこともなかった異形のものに襲われる!さらに“安倍晴明”なる(名前以上に行動が!)怪しげな人物が后を追いまわし始め…。后の周りに続々と集結する12神将とは?そして言の正体とは―!?個性的すぎる闇の後継者たちの物語が今、始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

 

幼馴染みの従弟だと紹介された主神言(しゅしん ことい)を連れて京都を案内することになった天神后(てんじん こう)。
なぜか初対面のはずがやたらと懐いてくる言と一緒に京都を回るうちに、后は不可思議な現象に巻き込まれ始める、という感じに物語がスタートします。

 

話としては完全にプロローグですね。
后と言がどういう立場にあるのか、どういう関係にあるのかをはじめとして、ふたりを取り巻く関係者を紹介していくのに徹していた印象。
説明的ではありましたが出てくるキャラがどいつもこいつも個性的すぎて、最後まで楽しく読みました。

 

まぁ最も濃厚だったのは言のキャラですが。
長年憎んでいた割にはちょろすぎる陥落ぶりでしたが、陥落後はヤンデレ極まって戦慄。
え、会ってまだ1日の話ですよね?彼の中で何が起こってそこまで后に執着してしまったんですか・・・・・・(; ・`д・´)
愛に飢えてたとかブラコンだからとかそういう話でまとめていいの?ていうかブラコンって、私が知ってるブラコンと何か違う!?

 

ブラコン云々はおいといて、言のキャラはめちゃくちゃ面白かったです。
なんかもう色々脳内補完してるんだろうなぁっていう暴走暴言っぷりが最高でした。

 

ただそれを受け取っちゃう后はいただけないなー。
常識人っぽい立ち位置なのに、非常識な愛情をあっさり受け止めちゃうのは違和感しかありませんでした。ここらへんは「闇」の血が云々とかいう話になるのでしょうか。

 

闇皇の後継者争いをすることになった2人ですが、この先、手下を駆使しつつの政争に発展するのでしょうか。ロミジュリなの?

 

さて、続きはどうしようか。
先の展開は気になりますが、ホモホモしいノリはやっぱり合わないような気が(ブラコン兄弟だけなら良かったんですけど、周囲までBLノリなのがちょっと辛かったんですよね)。
でも面白いんだよなぁ。うーん。うーん。

闇の皇太子1 宿命の兄弟闇の皇太子1 宿命の兄弟
金沢 有倖,伊藤 明十KADOKAWA / エンターブレイン
売り上げランキング : 3293Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。