六花爵と螺子の帝国


『六花爵と螺子の帝国』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)
六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)

シリーズ化超希望!!!
男女入れ替わりモノのセオリーを抑えつつ、魅力あるファンタジー世界との調和がとにかく素晴らしい作品です。
そして何よりラブコメとして秀逸なんです!
糸森さんは好きな作家さんなのですが、シリアス調のダークファンタジーが得意なイメージがあったんですよね。作中でふふっと笑うことはあっても、「ぶはぁっ」って吹き出したのは初めてかも。外で読まなくてホント良かった・・・・・・。
本作は背景に暗さはありつつも、基本的にハイテンションラブコメのテンポで物語が展開していきます。暗いシーンがあっても引きづらないので、シリアス苦手な人も安心して読んでほしい。
主役カップルがとにかく可愛いし脇を固める個性豊かなキャラクターも魅力的で、明るく楽しめるとても良い少女小説でした。

☆あらすじ☆
奴隷の少女アオは、精霊王の攻撃から青年貴族ジーンをかばい死亡した…はずだったのに、目覚めたらなぜか二人の身体は入れ替わっていた!?魔導学院でも“六花爵”と呼ばれる特権階級のジーンに、畏れ怯えるアオだったけれど―。「おまえの身体が気に入ったからくれないか」って、ジーン様、それは無理です!全寮制の学院に強制入学させられた少女と無自覚天然青年貴族の、逆転学院ラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

本作の主人公アオは奴隷階級「隷民」の少女であり、上級貴族「六花族」のレンズの付き添いで訪れた魔導師の学院で不幸なトラブルが重なった挙げ句、六花族の青年ジーンと体が入れ替わるという最大のトラブルに巻き込まれてしまいます。

入れ替わりの原因は精霊王の攻撃によって砕かれた心臓を元に戻した際に、アオとジーンの心臓が混ざってしまったこと・・・・・・らしいのですがこの辺はまだ謎が多い感じですね。
元に戻るためにはもう一度精霊王を召喚しなければならず、それまでの期間、アオとジーンは入れ替わり生活(ただし頻繁に元に戻る)を余儀なくされることになるのです。

 

物語の前半では、世界観の説明やキャラ紹介を交えつつ、男女入れ替わりのセオリーを順調に抑えていきます。
入浴、トイレのシーンはお約束もお約束。
見事王道パターンを踏んでいくのに、やたら笑えるのはジーンが面白すぎるせいですよね。間違いない。

なんでこの人こんな冷静なんだよ、と最初は思ってたんですけどラストのカミングアウト()で完全に理解しました。
こいつ何もわかってなかったんだ!
いちいち発言がエロいのも完全に無意識。グラスをわいせつ物扱いするけど、あなたの発言の方が100倍卑猥ですよ〜って突っ込みたくてウズウズしてしまいましたw

 

そんなジーンと運命共同体となってしまったアオ改めアレクシアもなかなか個性的で魅力あるヒロインでした。
汚物好き・・・じゃなくて汚部屋好き・・・じゃなくて掃除好き(これだ!)の働き者。隷民として虐げられた過去のせいで少し卑屈なところはあるものの、隠しきれない芯の強さを感じる美少女でした。すごく好きなタイプのヒロインです。

 

何よりアレクシアとジーンが組み合わさると最高に良い!
ジーンもアレクシアも言葉通りの意味の爆弾発言を繰り返すせいで、傍から見たら完全にバカップルですありがとうございます(そして肉体関係発言が周囲の誤解に拍車をかける、と・・・・・・)
とかいってふたりでちゃんと向き合うと照れるんですよ。初々しすぎてニヤニヤが止まらないじゃないですかもー!可愛いなぁもぉー!
アレクシアの好みを気にしまくったり、心臓の痛み云々でご機嫌になったり、ジーンのアレクシアへの態度がさらにニヤニヤを加速させる・・・・・・っ

 

後半は隷民と貴族の身分差による差別問題が浮き彫りになり、それによってアレクシアが傷ついてしまうシリアスな展開へ。
とはいえ、「畳みかけるシリアスムード」というほどでもなかったのはちょっと意外でした。糸森さんはヒロインをとことんいじめ抜くイメージがあったので、後半はもうちょっと重苦しい展開になってもおかしくなかったと思うんですよね。悪意ある落書きのシーンとか、まさに鬱展開の引き金になりそうだったのに。

これはひとえにキャラ配置の妙だったのでしょう
今回はアレクシアの絶対的な味方としてジーン以外にもミーシャクララという同姓の親友を配置してるし、六花爵のメンバーも比較的アレクシアに好意的。アレクシアが完全に孤立するわけじゃないため、雰囲気が鬱々と重苦しくなりすぎず、基本的に明るさのある物語として仕上がっていたと思います。
暗鬱なシリアスも好きですけど、明るいテンポで進んでくれるので読んでいてとても心地良いですし、物語そのものに癒されました(´∀`*)

 

ただまぁそこは糸森環さんなので(?)、この先どうなるかはわかりませんけどね。身分差問題もほんの小手調べな感じでしたから(今回は学生の悪ふざけが過ぎただけですし)。
貴族階級内部でも隷民への扱いには様々な考えの人間がいるようですから、ここらへんはぜひとも掘り下げていってほしいところ。

 

色々書きましたが、ラブコメ好きな私としては糸森さんが明るいラブコメを書いてくれたというだけで感無量の一言なんですよ。
もうほんとこれはシリーズ化するしかない。

アオの素性(本名もわからないし、花の形をした心臓を持ってたことも意味深)や、ジーンの抱える事情(天使は多分ジーンでいいのよね?)を初めとして色々と伏線は残っていますから続きはきっと出るはず!
個人的にイチオシキャラなレンズ先生の出番ももっと増えるといいなー。あと六花爵たちそれぞれにスポットを当てていってほしいですね。男装の麗人グラスの挿絵がほしい。

次巻発売を楽しみに待ってます(`・ω・´)ノ

六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)
糸森 環,田倉 トヲル一迅社
売り上げランキング : 980Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。